total:
  today:
  yesterday:

このエントリーを含むはてなブックマーク 2007.01.02    今、会いに行きます(in横浜)



奇跡を起こすのに必要なことは何か知ってますか?



それは、とっても簡単なこと。



それは、



信じる。



と、いうこと・・・。



−2007年1月2日14時50分−

新横浜。



一人の男が新幹線からホームに降り立った。



そう、彼の名はバカ社長。

上陸

懐かしいぜ。



9ヶ月ぶりにやってきた横浜。



明日から、怒涛の旅が始まるのですが、

今日の晩は、東京時代の同期と集まって飲み会をすることになってます。



集まるのは18時。

それまで、3時間ほどあります。

しかし、その間にやっておかなければいけないことが。



そう。



やつ(愛車)を迎えに行かなければ。



やつがいないと、この旅は始まりどころか、

いきなり終わりを告げてしまう。



というわけで、新横浜からJRで一駅。

バカ社長が以前住んでいたアパートへ向かいます。

ほとんど変わりがない道を進んで行くバカ社長。

そして、とうとうアパートが見えて来た。

今迎えに行くぞ

正直、バカ社長、この時の気分は、



大学受験の結果を見に行く学生の気分。



きっとあると信じてる。で、でも、もしかしたら。。。



心臓が高鳴ります。



そして、とうとうアパートがすぐそこに。

ドキドキ

この正面の建物がバカ社長が住んでいたアパート。

ちなみにバカ社長の部屋は2階の一番右。



そこをちょいっと曲がれば、愛車がいるはずの場所・・・・。



フー。落ち着け。信じろ。きっとやつはいる。いるってば!!



深呼吸をし、いざ、突撃っ!!



と、その時、



「おかえりなさい」



って、聞こえた気が。



そして、

そこには

ボロボロのカバーに身を包んだ、



9ヶ月前と同じ姿でやつはいた。



ウオーー!!



叫びながら駆け寄るバカ社長。

イターーーー!!
愛車に駆け寄るバカ社長氏


そして、童貞君が初めて女の子の服を脱がすがごとく、カバーを剥ぎ取ります。

そこには、9ヶ月前よりちょっと錆付いたが、

ほとんど変わらない愛車が。

再会!
愛車の変わらない姿に喜ぶバカ社長氏(28)



「きっと来てくれると信じてました」



すまんなんだー!!遅くなってすまなんだー!!



久しぶりの再会に抱き合う二人。

しばらく再会を喜び合ったあと、



ヨシヨシ、メンテンナンスしなくちゃなー。

なんてったって、これから500km以上の道のりを共にするわけやし。



状態を確認します。

身体は無事かっ!?
愛車の状態をチェックするバカ社長氏(28)


フンフン、ギアの切り替えも問題無い。

空気は、さすがに抜けてるなぁ。

でも、大丈夫。

空気入れもひそかに隠してたからな。

これで、空気を入れてやろう。



と、引越しをする時に隠しておいた空気入れで、タイヤに空気を入れようとしたとき、



な、なんじゃコリャー!!



驚く、バカ社長。



なんと、タイヤにツタが絡まっているではないかっ!!

つ、ツタがぁぁぁ
愛車にツタが絡まっているのに驚くバカ社長氏(28)


待たせてすまんかったなぁ。今日からまた二人でがんばろうなぁぁ。



9ヶ月という期間の長さを再び感じたバカ社長。

いつもより優し目に空気を入れます。

そして、空気入れをそこらへんに投げ捨て、準備完了。

9ヶ月の時を経て、ゴールデンコンビがここに再結成。

果たして、二人の冒険にはこの先どんなことが待ち受けるのか?

もちろん、つづくっ!!

ゴールデンコンビッ!!
新たな旅に闘志を燃やすバカ社長氏とその愛車


この記事は、 10 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter