total:
  today:
  yesterday:

このエントリーを含むはてなブックマーク 2007.01.10    名古屋入り、そして・・・(in名古屋)

−1月6日−







天気予報のとおり朝からかなり強い勢いで降っている。



迷った挙句、今日は進むのを断念。

浜松の漫画喫茶でブログを更新。



その後、浜松のカオスな場所を軽く巡るが、

旅行とは関係無いので、その話はまた後日。



今晩も鶏氏のお宅にお邪魔になる。





−1月7日−



曇り



天気予報では今日は一日曇り。

さ、昨日の分も取り戻さんと。

朝8時前。鶏夫妻に書置きを残し出発。



外に出た瞬間。



なんじゃこりゃぁぁぁぁっ!!



めちゃくちゃ強風。



この日は爆弾低気圧が直撃してたのだが、

バカ社長にそんな情報が入るわけもなく、



これが、冬型の気圧配置ってやつかっ!?



勘違いしつつ進みます。

しっかし、すげー風。しかも向かい風。

全然進まん。下り坂をなぜ漕がにゃならんのかっ!?

しかも、前からどっかの家の洗濯物とか、

コンビニのノボリとか飛んできます。



なんか、ファミコンのアクションゲームみてえ。



そんなことを思いながら向かい風にくらいつきます。



ちなみに今日の予定では名古屋まで。

標識では110kmもある。

しかも、山道迂回するからもっとあるんやろなぁ。

この向かい風で辿り着けるのかしら?



そんなこんなで、浜名湖到着。

浜名湖


もぅ、風がさらに凄い。



横風の突風で1回チャリが浮いて、まぢでびびった。



そんなわけで、浜名湖沿いの道を進むが、

浜名湖の道路にヒトデの死体がなぜかごろごろ落ちてる。

ヒトデ


強風で道路まで飛ばされたのか??



んなわけで、浜名湖通過。



浜名湖過ぎたら、真西に向かうのではなく、

方角としては北西に進路が変わるので、風は若干弱まってくれるかなぁ。

なんて、期待してたら、



風が止むどころか、



天気予報の嘘つきー!!



それでも、進んでいくと、

あられになり



しかも、めちゃくちゃ向かい風。



顔にビシビシ当たって痛いっちゅーねんっ!!



降水確率20%の雨じゃねーぞ、コレ!!



石原良純に物凄い怒りを感じながら進む。



−0:00PM−



豊橋に到着。



ここまでは予定通りだが、

さすがに雨で衣服がビッチョビチョ。

寒くてたまらんので、漫画喫茶に逃げ込む。



フゥゥゥ、落ち着くのぉぉ。



ブログを更新して、ダラダラする。



お、エロ動画見放題?なんとーーー。



・・・・・・。



気付いたら3時間も過ぎてた。



いかんっ!!今日は普通に行っても11時間もかかるのに、

こんなとこでエロ動画なんて見てる暇ねぇぞっ!!



−15:00PM−



再出発。



が、すでに夕暮れ。



うぉっ、やばいなぁ。

予定通りに行っても、名古屋に着くのが20時くらいやのに、

この向かい風で間違い無く遅れてるし、

しかも、3時間もの休憩とは。



頑張って遅れを取り戻そうとするが、ここらへんで

肉体的に一番酷使していた右ひざが悲鳴を上げ始める。



一番力を入れる角度でけっこうな痛みが。



ぬぅぅぅ、これはたまらん。



右腕で右ひざを押したり、負担の少ない立ち漕ぎでなんとか進む。



そして、夜は深け、、、




暗闇の中、



雨は再び降りしきり、



膝の痛みをこらえつつ、



凍てつくような寒さに耐え、



泥にまみれたリュックを背負い、



ズブ濡れの薄汚い格好で、



いくつもの川を越え、



いくつかの山を越え、



いくつもの車に抜かされ、



颯爽と通り過ぎていく新幹線を横目に、



誰もいない田舎道も、



幸せな光漂う住宅街も、



コンビニでは店員に変な目で見られ、



マクドでは、ヒソヒソ話をされつつ、



ただ、ひたすら名古屋へ。





−11:00PM−



もう無理っ!!



体力の限界。

名古屋までの日程を諦め、三河安城で今日は打ち止めることに。

三河安城


駅前の漫画喫茶に入り、ブログ更新して、いつの間にか熟睡。

明日になれば雨も止み、風も収まってるさ。



−1月8日−



6:00AM



雨降ってるんですけど?



降水確率20%



良純ぃぃ、どーゆーことやねんっ!!



全ての怒りを良純にぶつけ、雨の中進みます。

おしりの痛みは毎度のことなので、慣れてきたのですが、

膝の痛みはかなり厳しい。

しかも、浜松では雨を避けて1日遅らせたのに、

結局ずーっと雨降ってるやんけっ。



この旅の日程もズタボロだ。

どうするべきか。



とりあえず、名古屋を目指す。



しかし、今までは漕ぎ出すと体温が上がってきたのに、

雨で濡れた衣服にすぐに体温を奪われてしまい、

かつ、昨日からの気温の低さも相まって、

漕いでも漕いでも寒い。



そんな中もふんばって、名古屋市内に突入。

そして、疲れた体の中、寄り道。



熱田神宮


熱田神宮へ。

雨の中たくさんの参拝客が。



ここで今年4度目のおみくじ。

結果は中吉

旅行の欄の『急がぬが吉』と書いてあるのを見て軽く頷いた後、

バカ社長は名古屋へのラストスパートを開始。



途中、びしょ濡れのまま、矢場とんのみそかつを食べ、

名古屋に到着する。





−0:40PM−



別れの場所


名古屋駅近くのマンション。

悲痛な顔をしたバカ社長。



すまん・・・。

自転車との別れ

でも、ここは雨も風も避けれて最も安全な場所だから。





TimeOver





9日には神戸に帰らなければならないバカ社長。

あと1日あるが、1日進んだところで結局神戸までは一緒に行けない。

ならば、ココ名古屋で旅を終わらせるのがベストではないか?



名古屋へ着く前から考えていた。



そして、チャリを退避する場所も。



ココは以前バカ社長が名古屋勤務だった時に、

会社で内緒で住んだウィークリーマンションの駐輪場。

ここなら、人の出入りもあるから、大丈夫のはず。



さよなら

すぐに迎えに来るからな。

そしたら、また神戸まで一緒に冒険しような。



さらばだ

さよならは言わないぜ。



悲しみを押し殺し駐輪場を出るバカ社長。



目の前は風俗店

ちなみに駐輪場出たとこには風俗店があったりします。



ココも変わってないね。



ちょっと行ってみたい欲求にかられつつも、



マンション


マンションを後にします。



名古屋駅


そして、名古屋駅へ。

鈍行電車の切符を買い求めるバカ社長であった。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

結局、今回の旅では目的の神戸までは辿り着けず。

距離にして360kmほどのチャリ旅行。



新幹線で行けばたったの1時間半の道のり。



しかし、自転車では計6日間の大冒険。



自然の優しさや恐さ、尊さや和やかさ、



自分の器やそのちっぽけさ、限界やそれを乗り越えて得たもの、



何か変わった気がするようで、何も変わってないような。

でも、一つだけわかってることは、





行って良かった。





今回の旅行はこれにて終了。



しかし、今も名古屋でバカ社長の迎えを待っているやつが約一名。



というわけで、愛車が神戸に帰って来る日まで、



旅は、まだ終わらない。
この記事は、 18 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter