total:
  today:
  yesterday:
2007年08月一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.31 オーストラリアからの手紙

「1年後、向こうで一旗上げて帰ってくるぜ。」



関空で格好よくキメた漢。ジョニー。

その後、ゴタゴタに巻き込まれるも無事オーストラリアに飛び立った。



そんな、ジョニーからオーストラリアに無事着いたとメールがきた。

そういえば、行く前に、

「ホットメール?ってやつに入ったから、これでいつでもオレと連絡取れるでー」

語っていたのを思い出した。



地元でも、一年に数回しか連絡取らんのに、果たして連絡取ることがあるんだろか?

と思いつつもそれは敢えて口にはしなかった。

一応、旅立った後に、応援のメールだけは送っておいた。



そんな彼のオーストラリアからの第一声は



「こっち物価が3倍くらいになってて、下手したら半年で帰るかもー」



というものだった。行く前の決意はいずこへーーーー。

なわけで、



「物価なんかに負けてどーすんねん!1年間帰ってこんでえーから!」



そして、

「ってか、君送った時、駐禁キラれたわ。」



と、送る。



すると翌日に速攻で返事がきた。



「駐禁とられたん?そりゃ、難儀やなー!



なんか、カッチーンときたよ、コレ。



ってか、アドレスを教えてる時に、

「向こうは、ネットカフェも少ないし、なかなか返事できへんと思うけどなっ!」

と、語ってたのに翌日返信ってめちゃくちゃ迅速やがなっ!

結局、その時は返事せず。



しかし、その後も、



「鶏氏の子供っていつ生まれるんやっけ?今年?来年?」



「クロちゃんの結婚式決まった?」



など、ちょっとした質問が時々やってくる。



あれだけ、硬派にキメてるジョニーでも、やはりオーストラリアは寂しいのかな。



いやいや、ちょっと待て。普段から、



「誰かとツルんでも、邪魔なだけやからな。一人が気楽でええわ」

「道無き道を行くのがオレやからな」



なんて、仰ってるジョニーさんに限ってそんなことあるわけねえっす。



でも、一応確認のために、オレ以外にも、同じようにジョニーからメールきてるんかな?

と、クロちゃんに聞いてみると、



「え?オレ、アドレス知らんで?」



一生懸命アドレス教えられてたやん!!



おぅ、ネット上でも一匹狼。さすが、ジョニー。



で、結局、オレも面倒なので返事してなかったするんだが。



余りに可哀相なので、彼のアドレスで出会い系に登録。

なんてことはしませんがな。



とりあえず、彼にはがんばって欲しいぜっ!



この記事は、 3 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.24 メイド・イン・秋葉原2

前回、秋葉原で初の生メイドとご対面したバカ社長。

ようやく巡り合ったメイドに、思わず涙が溢れ出したわけでもなく、

テンションが全く上がらず、困惑すらしたのであった。



そんな状態で、メイド喫茶を出て、向かった場所は、とらのあな



同人誌が売ってるところです。

そこで今回は、女子向けの同人誌を購入しよう。と、思ったわけです。

やおいってやつですね。

やっぱ、ダンディーたるもの、女心の一つもわかっておかないとね。

んなわけで、突撃。



がしかし、なんだこの人口密度はーー!!



まず、進まない。

そして、クーラー効いてるんだが、それよりも生暖かいオーラが漂ってて、

変な汗が止まらんっ!!



ってか、同人誌って、大人買いするもんなんですかっ?

両手に溢れんばかり抱えてレジに並んでるあなた達は何なんですかっ!?



写真撮りたかったけど、そんな元気もなく。

ってか、女向けなんて売ってねぇぇぇぇええええっ!!



海底深くから、地上の空気を求めるが如く脱出。



フーフー、とてもじゃ無いけど、買い物できん。



と、横にも建物を発見。こっちは、豪い空いてるなぁ。

と、思ったら、そっちに女性向けの同人誌が売ってた。

ヘロヘロになりながら上ってみたが、

なんだ、ここは?さっきとは大違いじゃないかぁぁぁぁっ!!

空気がうまいっす。

で、びびったのが、同人誌を買い求めてるレディーが結構小奇麗ってこと。

ウオー、こんな子が、こんなの買っちゃうのっ!?



中には、志茂田 景樹みたいな人もいたんだが、ほとんどが普通の可愛らしい子でした。



そこで、女性向けのやおいと言われる同人誌を物色するが、

元ネタでオレが知ってるのが、全くねえ。

ガンダムシード?名前は知ってるけど、観たことないし。

コードギアス?それは、名前しかしらん。

その他諸々。全然わからん。

なわけで、買うに買われず、迷っていると、



こんなんでてきた。

『肉体派―筋肉系コミックアンソロジー 』

副題、『その距離を埋めてやる』

これ見て爆笑。



思わず、手にとって買おうとしてしまうのだが、



いや、待てよ。



これ、女物ってか、男物ちゃうの?



冷静に考えてみる。



うちのママンが、オレの部屋掃除してて、これ出てきたら、、、



やばい、これは買えねえ。



絶対、勘違いされてまうがなー!!



んなわけで、泣く泣く断念。

そして、物色を続け、結局



ワンピースが元ネタのこちらを買うことに。

女の店員と気まずいやり取りをしてゲットです。

一体、女の世界はどんなことになってるんだろーかー。

と、ワクワクして外に出ます。



その後、秋葉原のメインストリートを散策。

その日は、歩行者天国で色んな人がいます。

こんな感じで、

少しでも可愛いとこんな感じ

少しでも可愛いコスプレイヤーがいると、人混みが凄いの何の。



他にも、ストリートミュージシャンがいっぱい。

でも、ほとんどが普通の子なのよね。

秋葉原メインストリートライブ1

ずば抜けて歌がうまいわけでもなく、

秋葉原メインストリートライブ2

ずば抜けて可愛いわけでもなく、

秋葉原メインストリートライブ3

ずば抜けてファッションセンスが凄いわけでもなく。

秋葉原メインストリートライブ4

まぁ、これが秋葉原なんだろなー。

と、思ってると、コスプレしてて、歌ってる人発見。

おぉ、結構人集まってるなー。

で、ちょっと見て、すぐ通り過ぎようかと思ったんですが、なんか違和感が。

秋葉原メインストリートライブ?



違和感わかる?



じゃ、少し拡大してみましょう。



志村ー!下、下ー!!



カメラのアングルおかしくねえ?!



大解放!!



何のサービス!?



初めは、なんて破廉恥なー!

と、思ってたのですが、どうやら女の子もそういうのを覚悟でやってる模様。

で、男はみんな写真とりまくり。

実はこれ女の子二人組なのだが、パンツ見せまくってるのは一人だけ。

もう一人は、さすがにパンツ見せる勇気は無いみたい。

こいつら、近い内に解散するんじゃねーの?

でも、ここまでして人を寄せてるこの子に同情してしまったよ。

カオスの巣窟

直後に近くのコスプレ喫茶から見たら、物凄い人が集まってたっす。

ウホー、恐るべし秋葉原。



で、このパンツに群がる男達の様子が相当面白くて、実は(携帯で)動画に収めてます。



動画では、この女の子が観客に向かって足おっぴろげな感じです。

公開するかどうかは、さすがに迷ってます。



なので、オモロボタンが30票超えたら公開することにします。



見たい人は頑張ってください。一人で30票も有りの方向で。



そんなわけで、秋葉原のカオスを十分に堪能してきたのでした。



で、家に帰って、早速女向け同人誌を読んだのですが、



うーーーーん。微妙。



もっと過激なのを期待してたのに、豪い少女漫画な感じだった。



んなわけでー。



バカ社長初の読者プレゼント



ワンピース好き。

もしくは、やおいに興味がある方。

その熱い思いを込めて、メールか、mixiにメッセージ頂ければ、

抽選で一名様に上記の本をプレゼント。



多分、当選率は、ほぼ100%。最悪でも33%位だと思われます。

是非、ご応募くださいな。



*=========* 追記 *=========*

一人の勇者が70票という集団票を投じたので、公約通り動画公開。



注意

ブラウザにQuicktimeをアドオンしてないと見れません。

さらに、カメラの方向が悪かったので、なぜか90度傾いてます。

携帯なので、画像悪いです。

途中、爆笑してるのは、オレです。

以上をご理解頂いたところで、お楽しみ下さい。



秋葉原パンツ見せコスプレストリートミュージシャン



4775509055
この記事は、 92 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長の忘れ形見 (東京) 投稿日:2014/10/14 00:38:36
この人掴まったよね・・・

返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.22 メイド・イン・秋葉原1

秋葉原メインストリート

東京に行ったんだよ。



理由なんてどうだっていいだろ?



わかった、わかった。そう怒るなよ。



浮気なんてしてないよ。あぁ、君が一番さ。

だから、オレの話を聞いてくないか。



あぁ、わかってるよ。うん、ありがとう。

・・・そう、オレは、確かあの時、山手線に乗ってたんだ。



寝不足だったんだが、突然車内に人が走り込んで来て起こされた。

見てみると、見たこともないアニメのキャラクターが印刷されたでかい紙袋を持った、

男三人が、優先座席を乗っ取ったとこだった。



「すみませぬが、連絡しといてくれませぬか?拙者の携帯電池が無いもので」

「あい、わかった。任せてください」



寝起きながらも、変な気はバンバン感じてた。



「それにしても、深夜バスで、イベント出て、買い物して、これからライブなんて、

 身体がいくつあっても持ちませぬな!!」

「いや、ごもっとも!名古屋に帰る頃は倒れてるかもしれぬですな!」



他にも、車内にはあきらかにアッチ系の人たちが。

すげえ気をビンビン感じるぞっ!!

「にしても、はなちゃん可愛かったですねぇ」

「えぇ、萌えまくりでしたねぇ。もう、ボク萌え尽きちゃうかと思いましたよ〜」

「やっぱし、基本はメイドですよねぇ」

「メイド萌え命ですよねぇ」



メイド・・・。



その台詞を聞いて、オレの明日の予定が決まった。



駅前

秋葉原駅。

東京で働く親友のP太と落ち合い、久しぶりの秋葉原上陸。

色々あったが、今日こそは秋葉原の生メイドを拝んでやるぜ!!



駅前には、なんかのキャンペーンか綺麗な人が紙を配ってる。

ま、それは普通なんだが、なぜかその人たちにでかいカメラを持った、

オタクな人たちが写真をパシャパシャ。



いや、この人たちコスプレしてねーのにな。



なんて、思いながらも、これが秋葉原の『掟』



駅前でTシャツにパンツルックで、秋葉原マップを配ってるおねーさんから、

マップを貰う。

個人的には、このおねーさんの方が断然可愛いのになー。

と、思いながらも笑顔で感謝の言葉をかけて、メイド喫茶をチェック。

駅近くの一番有名なとこに向かう。

が、着いてみると、5Fから、非常階段を伝って1Fの方まで長い列が・・・。



こんな暑い中、お前らをここまで並ばせるものは何なのよー!?



即、離脱。

しかし、以前来た時よりも、メイドカフェは断然増えてる。

しかも、メイドのマッサージみたいなのがやたら増えてる。

こんだけあれば、どっか入れるやろーと、とりあえず、散策。



すると、なんか変なキャラクター発見。

思わず、写真撮ったら、格好良いポーズ決めてくれた。

超神ネイガー

これ、秋田限定ヒーローの超神ネイガーというキャラクターだって。

それが、なぜかサイダーを発売したとかで、秋葉原で売ってた。

帰ってから調べたんだが、秋田では凄い人気なのね。

秋葉原では、人気はいまいちだったが、すげーいい人?だったので、ファンになりそうになった。

実際、ホームページも面白い。やるなー、秋田県。(主人公の名前はアキタ・ケン)



がんばれ、超神ネイガー!!



ネイガーとさよならして、しばらく行くと、人だかり発見。

近づくと、聞いたこと無いアイドル?のねーちゃんがイベントやってた。

DOS/Vパラダイスのおねーちゃん

なんか、特に盛り上がりも無く痛々しい展開。

そんなオレは、おねーちゃんより、

そのおねーちゃんを撮るおっさん

おねーちゃんをずっとシャカシャカ撮影してるおっちゃんの方が気になるのであった。



メインストリートから一本外れたサブストリートをたらたら進みます。

サブストリート

すると、DVDの屋台販売。

濃い気をびんびん感じるぞっ!

違法なのは当たり前だぜ。



中身は、リアル盗撮ものがたくさん。

こんなの撮る人がいるから、体育祭とかに入場制限かかっちゃうのよねー。



なんて思いながら見てると、

死体写真や、事故現場とかエグいのも売ってる。

そして、面白かったのは、



『京浜東北線全線・運転手目線映像』



な、何だこのジャンルは!

関東の主な路線の運転手目線の映像が売ってた。

ひょえー、てっちゃんの需要は凄いなぁ。

なんて、思ってたら、

『関東上空映像・積乱雲有り』

めっちゃ、ピンポイントー!!

誰が買うんだ、こんなの!グーグルマップで満足しとけよー!!



と、そこで、『メイドダーツバー&カフェ』っつーのを発見。

秋葉原MAPには、載ってないが、行ってみますか。

怪しさ満点だぜっ

オホー、怪しさ満点っ!



秘密倶楽部ってやつですか!?

これ、ドア開けるの相当勇気いるんですけどっ!



って、ドア開けます。

「お帰りなさいませ〜」



ぉ、ぉぉぉおおおお!?



やたら胸を強調したメガネのメイドさんがいる。



な、なかなかやるじゃん。



ちょっと、テンション上がりながらも、案内されます。



が、

中は、言葉通り、ダーツがあって、メイドがいてって感じ。

メイドとダーツ

金払えば、メイドとダーツができます。

で、さっきの巨乳のメイドさんがちらっと話し掛けてくれるんですが、



なんか、違う。



強調された胸はいいんだけど、なんかねー。



生メイドを前にしても、全く萌えない。



多分、アンナミラーズに行った時の方が数倍テンション上がってた気がする。

んなわけで、ダーツもする気ないし、アイスティー飲んでしばらく眺めて脱出。



これが、オレの求めていたものだったのだろうか?

「メイド萌え〜」とか、オレには言えないんだろうか?

秋葉原に少し、落胆しつつ店を出たオレ達。

しかし、この後、秋葉原の凄さを体験することになる。



つづく



この記事は、 5 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.18 清水の舞台で舞い踊る

名古屋〜神戸チャリ旅行一話目から読む

名古屋チャリ旅行外伝

清水寺

名古屋〜神戸というチャリ旅行も色々あったけど、無事終了。

さて、そんな旅行の中でバカ社長がどうしても立ち寄りたかった箇所が、

二箇所ほどありました。

一つ目が、以前にも紹介した甲賀の里忍術村

是非とも失われし忍術に触れたい!

と、思っていたのだが、鈴鹿峠を越えてなお、10kmの遠回りは

体力的にしんどかったので、泣く泣く断念。



そして、二つ目は、

清水寺

京都清水寺。

京都には何度か行っているのだが、なぜか清水寺には行ったことなくて。

清水の舞台に立ちたい!

と、思い、この時もヘロヘロだったが、頑張って寄ることに。

清水寺前の坂

清水寺までの長い上り坂を一気に上り、

チャリを無断駐輪(置くとこないんだもん)して、いざ清水寺へ。

清水寺

その日は、最高気温37度というめちゃくちゃ暑い日で、

そんな中、境内ではボキン活動してる人や、托鉢してるお坊さんもいた。

大変そうなので、それぞれ100円づつ募金して、中へ。

清水寺

やたら綺麗なとこを通って、お金を払って舞台へ向かうぜ。

その前に、おみくじしてたので、いっちょやったるかと挑戦。

バカ社長の前にカップルが並んでいる。



受付のおっちゃんがやたらお喋りな方で、

「あ、一番です」

「おー、兄ちゃん縁起ええなー!一番出ること自体が珍しいねんで」

と、言いつつ1番からおみくじを取って、チラ見。

「ホラ!!もちろん大吉や!!」

と、言って渡すおっちゃん。

いや、今チラ見しましたやん!!



そして、次のお姉さん。

「二十八番です」

「ハイハイ、二十八番ね」

そして、渡す前にチラ見。

「ここは、凶出る確率が高いねんよ。だから落ち込んだらあかんでー」

と、言って渡したクジは凶。

だから、今、チラ見したよね?

「凶は、そこの木の枝に結んで帰り〜や〜」



いよいよ、バカ社長の番がきます。

「七十番お願いします」

そして、チラ見して渡されたクジは、

「・・・・・・・。」



って、何も言わんのかいっ!!

見たんなら、アドバイスくれよ!

アドバイスくれんのなら、見るなよ!!



激しく憤りを感じる。お守り買おうと思ったけど買ってやんねー!!



と、その横に『胎内めぐり』と書かれた看板が。

胎内めぐり

なんか、オモシロそうなので、聞いてみると、今度は人のよさそうなおっちゃんが、

「この中にいる菩薩様は、胎内にいてなかなか出てこないんです。

 だから、こちらから胎内に入って見に行くんですよ」

との説明。オモシロそうなので、100円払って入ることに。

「中は真っ暗なので、必ず左手でこの手すりを持ったまま進んでください」

と、言われる。

へ、オレは、光一つ無い場所で遭難したこともあるんだぜ?

舐めんじゃねーよ!!



と、思って階段を下りて入ると、



真っ暗で何も見えないよー!!



あれ?片足で立てないんだけど?

あれ?鼻クソほじろうとしたら、目に指が入ったんだけど?



1cm先も見えない、真の闇。



ここに1時間もいたら、気狂いそうだな。

そんなことを思いながら中に進むと、サンスクリット文字が書かれたが出てくる。

ほえー、なんかこれはありがたいなぁ。

スリスリしながら、願い事。

うぉっ!太陽の光がまぶしいぜっ!!



そんなことをして、いよいよ清水の舞台へ。



意外と高くないのね。ってか、陽射しが眩しいっ!!

清水の舞台

今度は、テレビなどでよく見る、角度に移動。

清水の舞台

景色を楽しんだ後、疲れたので、奥まで行かずそろそろ退散しようとすると、

縁結びの寺

やたら、『縁結び』をアピールした地主神社が。

面白そうなので、入ると、

因幡の白兎

なんか、楽しげな像がお出迎え。

・・・ってか。

バニー

バ、バニー!!

バニーじゃない

って、よく見たら違うじゃねーか。紛らわしいんだよ、こんちくしょう。

因幡の白兎にメンチをかましながら奥に進みます。

そこには、物凄い数の絵馬が飾ってあります。

ほぉ〜、みんな凄いねぇ。

絵馬に書かれた熱いメッセージを読んでいきます。



『名前も知らないあの人と是非付き合えるように!』

フンフン、その思いを持ってわざわざここまで来る情熱は凄いけど、

ストーカーとかにならないようにね。



『マリコと結婚して一生一緒にいような。

 トシ君、これからもずっとラブラブでいようね』

お前ら、願う必要あんのかよ!?

お前らのせいで他の人の御利益薄まるがなっ!!



なんて、突っ込みながら眺めます。

その時は、全く自分が願をかける気はなかったのですが、

帰ろうとした時に、ふと恋愛成就のお礼が書いてあるのを見たのですが、

お礼

が、外人の名前が並んどるがなー!



ま、待てよ。異教徒の奴らでさえ御利益があるなら、一応仏教徒のオレにだって・・・。

千円払って絵馬を購入。

魂込めて一筆書きます。

そして、さきほどのラブラブカップルの絵馬の上に、自分の絵馬を飾ります。



願掛け

頼むよ!神様っ!!

願掛け

と、その日一番強く願って、清水寺を後にしたのでした。



来月の1日まではあるみたいなので、よければ探してみてください。



この記事は、 7 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長のほしのあき (日本) 投稿日:2008/11/29 11:15:13
待ちぼうけ〜

返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.14 昼は京、夜に浪速、朝には播磨

名古屋〜神戸チャリ旅行一話目から読む

愛車の故障という最大の危機も何とか乗り切ったバカ社長。

生まれ変わった愛車と今までの分を取り返すためにも、先を急ぎます。

しばらく突っ走ると目前には千年以上も京都を守ってきた山々が立ちふさがる。

そこをボロボロの身体に鞭打って、何とか登り下りを繰り返し、

とうとう東山を登りきる。



これ、どう考えても自転車には適さねーだろ。



周りは80キロくらいでぶっ飛ばす車ばかり。歩道は無い。

でも、そこしか通るとこねーもん。

ヒヤヒヤしながらぶっ飛ばします。

いくつかのトンネルを抜けて、京都入り。



今回、行きたかった清水寺に立ち寄ります。

清水の舞台

色々やったけど、それはまた後日。



清水寺を去る頃には、13時。

陽射しがめちゃくちゃ強い。

その日は全国的に猛暑で京都は最高気温37度。

オーバーマイ体温。



前日までの日焼けも合わして、もう火傷になってます。

もう、日陰から日向に出て陽射しを浴びた瞬間に、ジンジン痛みを感じます。

UVに超敏感。ドラキュラってきっとこういう気持ちなのね。



で、自転車のハンドルって順手で持つでしょ?

だから、腕の上側が焼けるんです。

日焼けってか火傷

こんな境界線ができちゃいます。

だから、途中から逆手にして運転したり、

信号待ちの時には、太陽に腕の裏側を向ける変なポーズしてたり。

騙し騙し来たがもう無理。

ここは、日中ネカフェかファミレスに退避して、日が傾いてから走ることに。



だが、そういう時に限ってどちらも見つからない。

こ、このままではリアルに溶けてしまう!ぬおー!



と、そこで閃いた。



すぐにローソンに入って、

冷却シート

冷却シート購入。そして、

装着

シャキーン!

やばい!これは気持ちいいかも!

額にも貼ります。

気持ちぃぃ

気持ちよすぎて昇天する図。

そして、再出発したのだが、冷却シートがUVをカットしてくれて、一石二鳥。

やばい、この使い方は伊藤家もびっくりだぜ!!



そして、東寺をチラ見して、先を急ぎます。

五重塔

と、ちょうどネカフェを見つけたのでそこに退避。



頭にタオル。無精ひげ。冷却シートを両腕と額。日焼けで顔真っ赤。

しかも、両足引きずって、免許証は兵庫県。

こんな客に、店員がびびりまくり。

「飲み物はフリー飲みング制になりまして・・・」

「ご使用になった返却棚は、あちらの棚に返してください」

謎の説明連発。まぁ、落ち着けよ。



でも、店内でも、すれ違う人にチラ見されまくり。

オレ、今まで得意技はチラ見だと思っていたんだが、

これを体感して、今までのは全部相手にバレてるな。と確信。

これからは、気をつけなければ・・・・。



そこで、4時間ほど休憩し、18時に再出発。



ここで今までずーっと走っていた1号線と別れて、171号線で一気に兵庫県を狙います。

で、そろそろお腹が空いて来たので、無性にラーメンか寿司が食いたくなる。

が、171号線って国道のくせに全然お店がなーい!!

結局、不貞腐れながらローソンで巻き寿司を頬張り、少し休憩。



その日は伊丹、あわよくば西宮を目指していたのですが、

朝に走れなかったのとその時の疲労で、なかなか調子が上がらない。

休憩を挟みつつ、何とか踏ん張って、



0時。伊丹駅到着。

駅前のネカフェに入って、速攻で気を失う。

2時間程寝たところで、日焼けの痛みで目が覚める。

見ると、もう腫れ上がりまくり。腕パンパン。



こりゃ、これ以上陽射し浴びると死ぬな。



そう判断して、本当なら6時まで休むつもりが、切り上げて4時に出立。



疲労もピークなので、ここは、短期決戦で行くしかない。

まだ、暗闇の中、夜の街を疾走開始。

車もほとんどなく、車道をぶっ飛ばして西宮を目指す。

信号などにオレは止めれん!!

この状態で今まででもMAXのスピード。

4時30分

西宮

西ノ宮通過。

まだまだー!!

4時45分

芦屋

芦屋通過。

フヒーフヒー!

5時

東灘区役所

神戸市突入。

太陽が昇ってきたよーぅ!!

標識

三宮まであと8km!



三宮に着けば、



もう、地元だぜ

新神戸

もう少し、

新神戸

頑張れ、オレ!



そして、5時26分



三宮

ついに三宮到着。



と、ここで朝食を食べに、

山笠

やっと食いたかったラーメンだーい!

こんな時間でもやってる、地元じゃ有名な山笠ラーメンへ。

山笠ラーメンで普通に朝食食うって、非常に珍しいぜ。

んなわけで、

チャーシューメン

いただきまーす!

after

ごちそうさまー!



休憩なんかしてられるかー!!

五分で食って、三宮を後に、



高架下なんかを通りながら、



見慣れた道を、



初めて自転車で走る。



少し、違和感を感じながら、



少し、感動しながら。



たった四日間だけど、色々あったなぁ。



横浜を去ってから、もう、1年と4ヶ月。



そう、もうそんなに経つんだな。



色々あったな・・・。





「わぁ!!懐かしい!!」

ワタシは思わず、叫んでしまった。

ここは、10年前。ご主人様と大学に通ってた道。



「でも、駅前も随分変わりましたね!」

遠目に駅前の建物が見える。

ワタシがいた時よりも、高い建物が増えた。



そして、ついに、家が見えてきた。



懐かしい。ほとんど、変わってない。



7時56分

ワタシは、5年前と同じ場所に置かれた。

5年ぶりのそこは、やっぱり落ち着いた。

ご主人様は、ワタシを置くとゾンビみたいな歩き方で家に向かった。

ワタシは、それを見て思わず笑ってしまう。

そしたら、ジロリと睨まれてしまった。うぅ、怖い・・・。



「一つ、言うの忘れてた」



「何ですか?」



「あー、うん、えーと・・・」



ご主人様は少しの間言葉を濁した後、



「おかえり」



そうなんだ。私は、帰って来たんだ。



「お待たせしてすいません!ただいま帰りました!」





        ――了――



この記事は、 13 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.13 旅の終わりは琵琶湖の畔

名古屋〜神戸チャリ旅行一話目から読む

前日、鈴鹿峠を見事制覇したバカ社長。

この後は、勇んで京都に乗りこんで一気に神戸を目指します。



滋賀県草津市。



ネカフェで目覚める。時計は4時。

出発するはずが、疲れのため6時前の時間いっぱいまで休むことに。

時間になり、顔を洗って、ドリンクコーナーにあった、伊藤園の野菜ジュースを

六種類全部飲み干して、ネカフェを出る。



さぁ、この涼しい時間に進めるだけ進むぜ。いくぜー!

愛車にまたがり、いざ出発。



   ズルズル・・・

が、変な音がして動かない。

調べてみると、後輪がパンク



慄く、バカ社長。

この時間じゃ、どうすることもできず。

修理道具なんかも持っちゃいない。

もし、店が開くまで待ったとしても、

こんなところじゃ自転車屋さんが見つかるかもわからない。



どうすることもできず。



思い出したかのように疲労が身体を覆っていく。



すぐ近くには、南草津の駅。

JRは既に動き始めていた。



帰るか・・・。



また、来ればいいさ。



そう思って、自転車を押して、駅の方へ。



駐輪場を探す。

見つからない。見つけても有料ばかり。

そんなとこには預けられない。

どうしよう。。。



その時、オレの頭の中で悪魔が囁く。



(そのまま置いちゃえばいーじゃん)

(きっと、パンク直してもまたすぐ他のとこが壊れるぜ)

(だいたい、そいつ買ってもう10年じゃねーか。もう寿命だよ、寿命!)



そ、そうか。寿命か。で、でも・・・。



オレの心が揺れ動いていた時、



「ワタシ、いいですよ」

彼女は言ったんだ。



「ワタシを、ここに置いていってください」



え・・・。



「ご主人様と一緒に色んなとこ行きましたよね〜。

 神戸から大分とか、あ、私は、倉敷でお留守番してましたけど。

 他にも、横浜でも色んなとこい行ったし、

 それから、箱根!寒かったですよね〜。

 静岡も!富士山綺麗だったし、名古屋は道広かったですよね〜」



お前、何言って・・・。



「こんな一万円くらいの安物の自転車でこんなに長い間、こんなに長い距離

 走ったのって、きっと珍しいですよね〜。

 本当に、ワタシ、ご主人様には感謝でいっぱいなんです」



彼女は、勝手に続けたんだ。



「でも、ワタシ、もうボロだし、変な音しっぱなしだし、サドル硬いし、

 ハンドルも曲がってるし、今度もパンクしたし、自分でももう無理なのはわかってるんです。

 だから、このままじゃ、きっとまたご主人様に迷惑かけちゃうから。

 そんなの、自転車として失格だから。だから、、、今までありがとうございました」



全部彼女のせいにしようとしてたんだ。



でも、彼女は、そんなオレに「ありがとう」って言ったんだ。



・・・・・・。



突然方向を変えると、今来た道を戻る。



「ちょっと、どこに行くんですか!どんどん駅から離れてますよ!」



「進むんだよ!」

「進むってどうやって!」

「押してく!」

「そ、そんなの無理ですよ!どれだけ時間かかると思ってるんですか!」



「お前はどうなんだよ!お前はどれだけオレのこと待ってたんだよ!!

 倉敷で置いてかれて、横浜で置いてかれて、名古屋で置いてかれて。

 めちゃくちゃ待ってたじゃねーか!

 それに比べたら全然短いわ!」



「で、でも!!でも・・・」



「今までずっと不満一つこぼさず、オレを乗せててくれてたんだ。

 だから、今度は、オレの番だ。それに・・・」



(それに、もう誰かを失うのは嫌なんだよ)



熱い会話を脳内で交わし、結局、自転車を押して、本気で京都を目指すことに。

標識

が、しかし、元々荷物を軽量化する意味もあり、バカ社長はサンダル。

そんな状態で、30分も歩くと、足には多数の水ぶくれ。

歩みを進めるたびに痛みが走ります。

平坦な道を目の前にして、進むスピードは激遅。

ストレスが溜まりますが、ただ一歩一歩進むのみ。



ここから、歩いて神戸まで行く気もさらさらなく、

途中で偶然にも自転車屋に遭遇するか、

ホームセンターでもあれば、そこで空気入れを買って、騙し騙し進むか。



しかし、時間はまだ6時を回ったところなので、今は歩いて進むしかありません。

最悪、このまま歩いて京都まで行ければなんとなかなる。

その思いで、ただひたすら歩き続けます。



7時30分

琵琶湖

ようやく、琵琶湖を通過。

湖面には、学生が操るカヌーが。そんな、のどかな景色が広がる中。



し、死ぬ・・・。



抜け殻になった男がひとり。

しかし、休憩すると逆に痛くなるので、あまり休憩をいれずに進みます。



途中、ホームセンターや自転車屋の看板などを探しながら進むのですが、

そんなの見つかりゃしねえ。

名古屋で見つけたのは、物凄いラッキーだったに違いない。

そんなことを考えると前の方に、ドンキホーテの黄色い看板が。

うおー!!ドンキホーテなら空気入れは売ってるやろー!

どこや!どこにあんのやー!!

興奮して近づくと、



キンキホームの看板やんけー!!



最初と最後の一文字が微妙に見えなかったための勘違い。

疲労度はさらにアップ。



8時半

日差しも強くなって、かなりフラフラな状態。そんな中、

画面中央奥

遠くに、『自転車』と書かれた看板が。



もう、オレは騙されんぞー!

お前らの手の内はわかっとんじゃー!

これで、期待させといて、いざ着いたら、

「自転車好きが認めたラーメン」

とか、物凄い角度でオレを騙す気やろー!!



いざ、近づくと、

自転車屋なのか・・・

普通に、自転車屋のようだ。

空気入れたい

空気入れも無料だし、良心的。



こ、ここならこいつを任せられるかもしれん・・・。



だが、どこにも開店時間が書いてない。

早くて9時。普通で10時。遅くて11時。

最悪だと、休日

土曜日だから、やってると思うが、お盆休みというのも考えられる。

しかし、足の状態を考えるとここに賭けるしかない。



最悪11時まで待つことにして、店の日陰で座り込む。

足が痛すぎるので、サンダルを脱ごうとするが、

できた水ぶくれが破れて、サンダルが足にへばり付いている。

痛みに耐えて、ベリっと剥がすと、黒いし汚いし、なんか色々凄い。



さらに、もう一箇所、自転車を漕いでる時から、擦れて痛かった左足の小指も見てみると、

皮がベローンってなって、赤い肉が見えてるんですけど・・・。



見なきゃ、良かった。。。

皮を元に戻そうとしても、激痛なので、もう見なかったことにする。



9時。

トラックの音で目が覚める。

いつの間にか携帯を握り締めて眠っていた模様。

店の駐車場にトラックが入って来た。

そして、しばらくすると運転手がやってきた。

「店の人ですか?」

と聞くと、「運送業者です!あれ?お宅、お客さんですか?」

どうやら違うみたい。

何時に開くか知ってるか聞いてみたが、知らなかった。



再び、座り込んで待つことに。



9時半。

シャッターの音で目が覚める。

また、いつのまにか眠っていた模様。

音の方を見ると、メガネのおっちゃんがシャッターの鍵を開けているようだった。



「店の方ですか?」

たずねてみると、

「そうですよ?どうしました?」

そこで、パンクしたことを伝えると、

「なるほどなるほど。でも、うち10時からなんで、もう少しお待ち頂いてもいいですか?」

「いつまででも待ちます!!」

明らかに不審者な格好のオレにもジェントルな対応に感謝しつつ、待つ。

それからバイトの店員が5人ほどやって来たが、

全員が、かっちょいいチャリで通勤してきた。やっぱりそんなもんなのか?



10時。

音楽が流れ出し、シャッターが開く。

「お待たせしましたー」

店員が笑顔で迎えてくれる。

自転車屋に開店前1時間半から待ってる奴なんているんだろーか?

なんて、考えてるとさっきのメガネの人が出てきて、

「お待たせしました。工具中にあるんで、どうぞー」

愛車を店の中に運び入れる。



そして、手馴れた感じで、

後輪の空気を一度抜いチューブを取り出してからもう一度膨らまし、

水の中に沈めてパンクの箇所を探していく。



10分ほどで修理終了。

「穴は開いてませんでした。虫ゴムが劣化して空気が抜けたみたいですね。

 前輪のも買えておきましたんで」



こ、これで再び走ることができるのか・・・。

思わず涙しそうになっていると、

「今なら、400円で全体的にメンテナンスしますけど、いかがですか?」

そんな値段でしてくれるんなら、いくらでもしてください!

二つ返事でOKする。が、

「でも、この自転車、買ってから随分経つし、車に轢かれたりして、

 だいぶガタがきてると思うんですけど、どうなんですかね?」

一瞬でも捨てようと思ったこいつが、どんなもんなのか専門家に聞いてみたくなった。



「確かに、そうですね。随分痛んでますね〜」

やっぱりそうなのか。こいつはまたいつ壊れるかわからないのか・・・。

なんとなく、悲しくなった。しかし、そこで店員は、



「でも、できるだけ長く乗ってあげたいですから」



その言葉を聞いて思った。



この人プロや!プロの自転車屋さんやー!!



横浜に住んでたときに、ブレーキから変な音がするから持っていったら、

ドライバーでチョイチョイってやっただけで、「800円」請求して、

しかも、ブレーキの音が全く直らんかった、やる気のないオヤジとは大違いだ。



そして、プロは、テキパキと愛車を直していく、

修理中

箱根でヤン車に轢かれた時に、曲がったハンドル。

箱根で鉄柱にぶつかった時に、曲がったブレーキ。

箱根でこけた時に、おかしくなった後輪のブレーキ。



15分後。

画面中央奥

「ご主人様、ワタシ、どうですか?」



「・・・・・・。」



「あ、やっぱりそんなに変わらないですよね。

 お店の人にも、ギアチェンジの部分が曲がってるし、

 左のペダルも曲がってるって。

 ダメですよね、こんなワタシ・・・。

 エヘヘ、ごめんなさい。また走れると思ったら、つい嬉しくなっちゃって・・・」



「綺麗だ」



「え・・・?」



「今まで見た中で、一番綺麗だ」



「や、やだ〜!からかわないでくださいっ」



プロに感謝の言葉を述べて店を後にする。



「さぁ、帰ろうか。神戸に」

「ハイ!」



二人の旅は、まだつづく



プロがいる店
この記事は、 11 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.12 鈴鹿峠vsウンコマン

名古屋〜神戸チャリ旅行一話目から読む

名古屋〜神戸チャリ旅行に出発したバカ社長。

順調に進んでいたと思いきや、

二日目にして、ウンコを漏らすという、ヒトとしてあるまじき行為をするに及ぶ。

しかし、そこからバカ社長。いや、ウンコマンの復讐が始まるのだった。



ウンコマンは、あまりの疲労と精神的ショックで亀山城跡で二時間ほど仮眠。

調子がよくなってきたので、出発。



かなり体調は回復してきて、例えば、道端にあるこんな標識にも、

茶柱タツ

へ〜、伊勢茶って有名なんやぁ。

エロじいさん

エロじいさんって読めてしょうがないねんけどっ!!

なんて、看板に突っ込みながら進みます。



11時20分。

道の駅・関宿に到着。

関宿

暑いので、カキ氷を頂いて、また休憩して出発。



今日はどこまで行けるかしら。

と、1号線を進んで行くと、突然歩道がなくなり、前方には高速の入り口と、

自動車専用道路のような道に。

あれ?これ、もう進めなくないか?

引き返しという文字が頭によぎる。

地図と睨めっこしながら、ろくな迂回路も見当たらず焦ってると。



「どこ行きたいの?」



工事現場のおっちゃんが声をかけてくれた。

「大津の方に行きたいんですけど」

「じゃぁ、これ右の道やで」

「え、この道自転車行けるんですか?」

「行ける行ける」



と、優しく教えてくれる。

感動して、思わず俺の匂い付きパンティーあげようかと思ってしまった。

狭い道をなんとか乗り越えながら、峠っぽい雰囲気に突入していく。

鈴鹿峠へ

にしても、なんでこんな道でこんな渋滞・・・。



そして、完全に山道突入。

鈴鹿峠よ、お前なんて、開き直ったオレの前では無力よー!!

と、突っ込むが、さすがに暑いし死にそう。

道のはるか下には鈴鹿川が流れていて、これまた気持ち良さそう。

あそこで足を水につけながら、休憩してええええ。

と、思いながら登る。



で、水がなくなる。

自販機なんか、見当たらない。



うーん、死ぬ〜〜。



と、思っていると自然の家発見。

鈴鹿自然の家

女の人がいたので、近づいてみると、子供たちがいっぱいいた。

「ここの人ですか?」

一番近くにいたおばちゃんに声をかけると、

「いや、違います。あそこに用務員さんいますので」

なんか、凄い冷たい対応される。



いや、確かに怪しいけどさー。田舎なんだしフレンドリーに行こうぜー。

少ししょげながらも用務員さんがいると言われた小屋をノックすると、

別の女性に、「今、用務員さんいないですよ」と教えられる。



さっきのおばちゃん酷い・・・。

で、その優しいおばちゃんに自販機の在り処を尋ねると、

「ちょっとわからないわぁ。ここには無いのよ。向こうの建物に、関係者の方がいるわ」



その建物へ。

中からおっちゃんが出てきて、

「おー、歩きで東海道か?元気だなー?」

かなりフレンドリー。やっぱ田舎はこうでなきゃ。

って、この口調じゃきっとそういう人結構いるんだろなー。

と、思いながらも、自転車で自販機はどこかたずねると。

「この道まっすぐ行くと5分くらいであるよ。

 ちなみに熱いお茶ならここにあるぞぃ?」

少し、おっちゃんとお喋りしたかったが、熱い茶は飲みたくない。丁寧にお断り。



言われたとおり、自販機発見。

ついでに、だいぶ近くに川がありそうなので、下りれるか探索。



鈴鹿川

下りれた。



の、飲めるぞー!!

ムヒョー!!冷たくて気持ち良すぎるー!!



気持てぃいい〜〜!

足をつけてそのまま昇天の図。



1時間以上、そこでまったりのんびり休憩後、再び峠攻め。



ちなみにここからがきつかった。

暑さと紫外線にやられまくり。

自転車押しながら、ゼーゼー言いながら登る。

振り返ると、

鈴鹿峠

オレが通った道があんなに小さく。

その後も、なんとか登り続け、

15時

鈴鹿トンネル

峠の終わりを告げる、トンネルが。

振り返り、三重県に別れを告げ、

三重県に別れを

滋賀県突入。

下って下って、麓まで。



15時30分

道の駅・土山に到着。

田村神社

正面の田村神社に参拝。なかなかいいところでした。

道の駅で、ほうじ茶のアイスを発見。食べてみることに。



220円と少し高め。

中はこんな感じ。



以下、感想は表情でお楽しみください。

before



after





ここで疲労が激しいのでまた1時間ほど休憩。

日が傾いてから出発。

今日の宿をどこにするかー。

と突っ走しること数時間。



18時30分

インターネットカフェの文字が目に入る。

でも、シャワーが完備されてなかったので、スルーすることに。

そこは、国道沿いにゲーセンやカラオケ、ネカフェ、マクドなど、

商業施設が固まっているところだったのだが、その中に



忍術うどんの文字。

こ、これは気になる!!

相変わらず、お腹すいてないけど、思わず入店。

勿論、客はゼロ。



確かに、そこは甲賀市だから、忍術もわからんことはないけど、

その佇まいから非常に気になる。



きっと『忍術うどん』って名物メニューがあって、

忍者をあしらった具が入ってたりするんだぜ?



って、思ってメニューを見るが、そんなのなかったので、

「オススメって何ですか?」と聞くと、



しばし、考えた後、



「カレーうどん」



また、忍術から一番遠いメニュー!!





カレーうどん登場。

以下、感想は表情でお楽しみください。

before



after





ってか、熱くて食えたもんじゃねぇ。



冷ましたら普通のカレーうどんでした。

休憩もかねて、オレと店長と二人でさんまのまんま見ながら、

二人同じとこで笑ってた。



で、その間に携帯で銭湯を調べたら、出てきたのが、草津しかなくて、

そこから、また2時間ほど爆走して、21時過ぎに南草津の銭湯に到着。



一風呂浴びて、休憩室で店が閉まる3時まで爆睡したろうと思ったが、

クーラーがあまりに効きすぎて、脱出。

少し走ったらネカフェあるやろー。と、思って出発したら目の前にネカフェ発見。

そこに入って、ブログを更新。後は、朝まで爆睡したのでした。



つづく



この記事は、 3 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.11 漏らしたのは亀山

4時半。出発。

えぇ。結局、一睡もしてません。

でも、なんかテンションが上がっちゃって上がっちゃって。

っつーのも、朝の涼しい時間帯。しかも、車が余りいない時間帯。

この時間帯が一番前に進めると思ったのです。

大津まで残り95km

予想は的中。薄暗い中、車道を占領して、これでもかってくらいかっ飛ばし。

今回のメインディッシュ、鈴鹿峠を目指します。

自足20km以上でノリノリなのですが、5時を過ぎた頃には、

トラック多っ!

この交通量。トラック多すぎ。

やむなく、車道を走るのを諦め、歩道をヘコヘコ進みます。



7時過ぎ。

亀山駅着。

四日市が予想外に栄えてたので、

亀山も同じように駅前に色んなお店があるんやろなー。

と、思いきや、



えらい寂しい。



廃墟と化した本屋とかあります。

それでも、それなりに店はあるんですが、

朝早過ぎて、どこも準備中

今回の旅行では、コンビニのご飯だけは食べないでおこうと思ったのに、

人の話を何回も聞きなおす、60才くらいのずり落ちたメガネがチャーミングな

店員さんのローソンで弁当購入。

ただ、前回もだったが、自転車旅行してる時って、ほとんどお腹が減らない。

前回は、食わな死ぬ!と思って食ってたが、今回は無理には食わんどこう。と。

代わりに水分をちゃんと取ろうと。

そういうわけで、1L一気飲みとかしまくりでした。



朝ごはん

で、弁当食べてたんですが、睡眠不足のせいか、全部食えず吐き気に襲われる。

あれ?オレ大丈夫か?

しかも、一気飲みしたせいか、お腹がグルグル唸ってます。



体調がすこぶる悪いので、どこか休めるところで仮眠しようとしたバカ社長。

駅の近くに亀山城跡の公園があると見て、そこで一休みすることに。

もう既に十分暑い中、汗かきながら上り坂をフラフラになりながら進む。

そして、亀山城到着。

亀山城

ショボっ!

横にある神社

で、横にある神社。

横にある公園には、

日本初セスナ

戦後初めて導入された5機のセスナのうちの一騎が雨さらしで飾られてる。

蒸気機関車!

同じく、蒸気機関車も。



さて、この順番で見たんですが、実はこの際大変なことが起こりました。

城を見て、神社を見たとき、

「お参りして行こう」と、思ったんです。

で、いざ財布を出そうとしたら、

「グルルルルル」

オレの腹が暴れだした。

ヌォォオオ!!貴様、いつの間にそんな力をー!!

暑いけど、冷たい汗が体中から噴出します。

急いで、自転車に戻り、道路一本はさんだ公園へ。

遠目に、トイレらしき建物が。

この時点で、暴れ狂うオレの中の魔物とそれを押さえ込むオレ。



急ぐんのだぁ!もう、最後の砦が決壊するぞー!!

道路を渡るとき、車に轢かれそうなになるが気にしない。

階段をチャリを持って降りると、そのトイレっぽい建物へ一直線。

そして、チャリを放り投げて中へ。



ホラ!見てみろ、やっぱりトイレやんけ!!



しかも、ちゃんと一部屋空いてるやんけ!



トイレに入って鍵かけて。



最後の力で暴れだす、俺の中の魔物。



が、しかし!!最後に勝ったのは俺よー!!



ズボンを脱がそうとした。







脱げなかった。



腰紐ノ、存在ヲ、忘レルナンテ・・・。







15分後。



泣きながら、トイレの手洗い場で、パンツを洗う男が一人。



まぁ、平たく言うと、







ウンコ漏らしちゃった。



亀山には、二度と来ません。



つづく



この記事は、 4 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.10 名古屋でオレを待つ女

前回

自分が走ることで誰かを元気付けることができるなら。



気づいたらオレは

名古屋

名古屋にいたんだ。



二日前にオカンが交通事故。

昨日、長男が、入院。



そんな状態で、チャリ旅行に行くなんて言うから、

オカンは心配しまくり。



でもな、マミー。



オレは、みんなを元気付けたいんだ。



家を出たのは、11時。(おそっ!)

鈍行に揺られ、名古屋に着いたのは、15時のこと。



名古屋に着くなり、高島屋の便所で豪快に大便をかまして、

名古屋に来ると必ず食う

矢場とん

矢場とんにて、

味噌カツ丼

味噌カツ丼を食する。



さぁ、オレの中で、もう名古屋は終わった。

気持ちは、西へ。

しかし、その前にやることが。

名古屋駅ビル

名古屋駅を後にし、徒歩でテクテク歩くこと15分。



あいつが待つ場所へ

あんまり変わってねぇな。

って、隣にこんなビルあったっけ?



ここで、あいつと別れたのは、半年前。

隣に出来た大きいビルを見て、半年という時間をリアルに感じる。

また、あいつは前みたいに待ってくれているだろうか。



オレには、自信があった。

でも、正直言うと怖かったんだ。

バニーとの肉欲の日々に溺れ、いざ、バニーがいなくなってから迎えに来るなんて。

あいつは・・・

駐輪場のゲートをくぐる。

この瞬間は本当に緊張する。



駐輪場は前の時より、明らかに自転車の台数が減っている。

もしかして、、、



その時、何か聞こえた。



「待ってましたよ。ご主人様」

やつはいた。

あいつは、待っていてくれてたんだ。こんなオレでも。



思わず記念写真

記念に一枚。



にしても、汚ねぇな。ほこり被りまくりじゃねーか。



「そんなこと言って。何で泣いてるんですか?」



ほこりが、目に入ったからだぃっ!

つべこべ言うと堀川に捨てるぞ、このアマ〜!



ホコリを叩く。空気圧とギアのチェック。

乗れないことは無いが、ちょっとキツいかも。



よっしゃ、とりあえず、ホームセンター探すぜ!!



1号線沿いのホームセンター目指して爆走。



うろちょろしてたら、偶然にも自転車屋さん発見。

しかも、空気無料〜〜〜。



「ついでに、油塗って貰ってもいいっすか?」

「お金かかりますよ?」

「いくらですかね?」

「100円」

やすっ!!



こなれた手つきで、油を差すオヤジ。



それを見ながら、

「ヲイヲイ、初めて会ったオヤジに大事なとこ触られて、アソコビチョビチョじゃねーか」



なんて、脳内妄想を一発かまして、ホームセンターコーナンへ。

コーナンで、タイヤに取り付けてピカピカ光るやつとライトの電池購入。



17時。

夕日目指して、1号線をひたすら爆走。

あぁ、風が気持ち良いぜ。



19時。そろそろ辺りも暗くなってきた。



なんだか、すげー長い橋渡って、長島一向一揆の長島に上陸。

そこのファミマにて休憩。

味噌カツ丼が腹持ち良すぎて、余り腹へって無いので、

アイスボックスポリポリ。

そして、さっき買った振動を感知して光る電気をタイヤにセット。



うおー!すげー!!科学サイコー!!



出発。



で、一日目は四日市、あわよくば亀山を目指してたわけだが、

ネカフェはあるけど、シャワーがあるかがかなり微妙。

汗かきまくりやから、風呂入りたーいよーぅ。

と、思ったら、

あさひの湯

国道1号線に温泉の看板。

しかも、入浴量600円。

やすっ!



四日市を前に入浴。

あー、やっぱケツ痛えなぁ。



なわけで、上がってからもウダウダ。



10時。出発。

今日は四日市で休憩することにして、

ナイトパックが適用される11時に着くように、残り8kmをダラダラ走る。



で、無事ネカフェ到着。

しかも、やたら設備よくて、シャワーもあるし、ダーツやビリヤードあるしで、

一日目の宿

こんな感じ。

で、昨日もあんま寝てないし、ブログ更新したら、さっさと寝よ〜。

と、思ったら、ブログの更新4時間かかってるし。



明日は4時に出発しようと思ったのに、もう3時回ってるよー!!



こんな、オレ、どうなるのか。



明日は、いざ鈴鹿峠へ。



つづく



この記事は、 6 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.09 バカ社長名古屋に立つ

24時間テレビに欽ちゃんが走るらしい。

御年66歳だって。

去年の丸山弁護士より5歳年上。



確かに、最近露出は少ないけど、一時代を築いた方だし、

芸能人って、年食ったら食ったなりの生き方ってのがあると思う。



でも、何で今走るんだろう?



名誉のため?

既に、存在自体に価値がある人だし、100キロ走ったからって大して変わらない。



金のため?

本気で、金稼ごうと思えば、まだまだ稼げるはずだ。



女のため?

お前のために100キロ走るぜ!

って言って惚れてくれるなら、俺いくらでも走ります。



じゃ、一体何のためなんだろ?



そこで、欽ちゃんを自分に置き換える。



もし、オレに24時間テレビで100キロマラソン出ないか?と誘われたら。



二つ返事で出る。



名誉、金(無料でもいいけど)、後、ネタにもなるし、いい経験だし。



ただ、そうなった時に、誰かに

「バカ社長さんは、何で100キロマラソン走ることを決めたんですか?」

と、尋ねられたらなんと答えるだろうか?

名誉?金?ネタ?経験?

素直にそのまま言っちゃう?

多少、空気読めない奴だけど、もし、そう言ったら、

相手は納得するだろうか?



いや、この答えじゃ納得しない。



きっと、

「ホントのこと教えてくださいよ」

とか、言われる。



色んな人に同じことを聞かれるだろう。

正直、面倒臭い。

で、そんなやり取りを何回もしてると、ふと思うんじゃないだろか?



(正直なとこ、オレなんで走るんだろ?)



心理学的なことはわかんないけど、そんな風になると思う。

で、考えた時に、



(そういや、あいつ今度手術するんだよな。大丈夫かな)



重い病と闘う元同期のことを思い出すかもしれない。



今度結婚する友人のことを思い出すかもしれない。



今度、子供が生まれる友人のことを思い出すかもしれない。



突然の病で痛みと不安に耐えている、知り合いのことを思い出すかもしれない。



起業活動で頑張ってる社長仲間のことを思い出すかもしれない。



新車を速攻で事故って廃車にして落ち込む友人のことを思い出すかもしれない。



そんなことを思った時に、こいつらオレ走ったら感動してくれるかなぁ。

じゃ、そのために走ることにしようかなぁ。

なんて、思うんじゃなかろうか。



そして、その回答を聞いた人たちは、今度は納得してくれる。



欽ちゃんも初めは、「無理だよ〜〜」って言ったかもしれない。

でも、そんなことを考えた時に、

自分には、それを見た人に希望や感動を与えることができる。

という、物凄い力を持っていることに気付くんじゃなかろうか。



それは、話題性を求めるテレビ局の人間の口説き文句かもしれない。

でも、その力は事実として存在する。



そして、それに気付いた時に、今まで何となく思っていた本人も

本当にそのために走ろうと決意する。



つまり、理由があって、行動するんじゃなくて、

行動した結果が理由になることもあるんじゃないだろうか。

と考えたのが二日前。



そして、今日、気がついたら、

名古屋



名古屋に来てた。



海に行って水着ギャル観察しようかなぁ。

って、思って須磨海水浴場に行こうとしたんだが、

すげーウキウキで100円ショップでレジャーシートとか、

目線を誤魔化すためにグラサンとか物色してる時に、



「オレ、一人で何やってんだろ?」



って、気付いた時に、



「ウワーン!!もう、バニーさんもいねーし、

 毎日一人エッチばっかしてるオレなんて誰にも必要とされないんだーぃ!」



って、踏み切りに飛び込もうとしたときに、



いや、待て。

中国地方東海地方と数々の旅を共にし、

そして、今もオレのことを待っている奴が一人だけいる。



現実から逃避して、あいつに、会いたひ・・・。



って、思ったわけじゃなく、



今、落ち込んだり、不安だったり、辛かったりする君。

君の辛さはわかってあげれないけど、

オレは、そんなキミのために走るぜ。

結果、オレが走ることで勇気付けることができたら、最高だ。



って、思ったんだよ。oh that's true.



なわけで、名古屋〜神戸チャリの旅が始まるのであった。



この記事は、 4 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2007.08.02 大人の男の階段

今日の話は、女人禁制だぜ。



ママの一番の悩みは赤ちゃんの包茎ちんこを剥くか剥かないかである事が判明

↑というのを見かけた。



日本では、思春期の少年の朕々は、大体にして、丁寧に皮で梱包されている。

中学生くらいで、一人エクスタシーの方法を発見した時に、



「ヲイ、今まで知らんかったけど、こん中に何かあるぞ!!」



って、言うのをディスカバーして、大人の階段を一段登る。

その時に、気づかない人もいるわけで、あるタイミングで、



「な、なんかオレだけ他の人と違うっ!!」



って、気付いて、自力で一皮剥くか、医者に行くか、

気付いてなお、そのまま生きていくか。

人それぞれ。



で、日本男児は、神聖、火星、含めて60%の人が一皮剥けて無い。

思うんだが、これってちゃんと教えて欲しいよね。

小6の時、女子だけ体育館で、秘密のビデオ見てるのに、

なんで、男子には教えてくれないんだよぉぉぉっ!!

ちょっと、憤りを感じるぜ。



バカ社長の場合、物心ついた時から、父親と一緒にお風呂入ると、

無理矢理一皮剥かせられて、洗わさせられた。

とりあえず、シャワーの刺激だけでもすんげー痛いの。

抗議しても、オヤジは許してくれなくて、毎回洗わさせられてた。

当時のオレからしたら、

星一徹に無理矢理大リーグボール強制ギブス

装着させられた、星飛雄馬のような心境だったんだが、

大きくなって、それが父の愛だったと気付いた。

サンキューダディ。

そんな、オレは火星人なんだが。



で、今回言いたかったことは、日本ではそんな状態なんだが、

欧米ではどうなってんだよっ!!

って、話。

まず、下の写真。

もう大人です

かなり有名なCDのジャケ写なんだが、

この赤ちゃん。赤ちゃんの癖に大人の階段登ってます。

さすが、アメリカ。USA!!



やっぱり向こうは、生まれた瞬間に割礼っつって、

いらないものは切っちゃうんだってよ。

さすが、合理主義国!



今から35年程前、うちのダディーはアメリカで働いていた。

うちのマザーも一緒にアメリカにいた。

で、うちの兄貴を身ごもったんだけんど。

向こうの医者に、「切っちゃうから」

みたいなことをサラっと言われたらしい。

で、それを言われたうちのマザーは、「な、何を破廉恥なぁぁぁぁっ!!」

っと、ぶったまげたそうだ。

でも、向こうの医者は、

「それは、親の義務だ!あなたは、自分の子供を不幸にする気か?」

と、言われたそうです。

向こうでは、それが当たり前。



で、結局うちのマザーは出産は日本でしたんだが、

その時に、日本の医者に、そのことを相談したら、

医師にすげーニヤニヤ笑われて、看護婦には驚かれて、いたく恥をかいたそうだ。



その話を聞いて、オレは思ったわけです。

まだまだ、欧米人には勝てないな。と。



ただでさえデカさで負けてるのに、

向こうは、昔から100%大人で、こっちは未だ60%子供。



ビル・ゲイツだって、ジョブズだって、ブッシュだって、トムクルーズだって、

みんな大人。



こっちは、福山雅治とキムタクと小池徹平がいたら、

このうち二人は子供だかんね。



おぉ、嘆かわしい。



このことを踏まえた上で、

もし、銭湯などで、立派に一皮剥けてる殿方を見かけたならば、

こう声をかけましょう。



欧米かっ!



B000003TA4Nevermind
Nirvana
この記事は、 9 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter