total:
  today:
  yesterday:

このエントリーを含むはてなブックマーク 2007.11.12    結局は、気合よ、根性よ!(by川藤幸三)

必須スキルが無いのに、その企業で働きたい時は、どうするか。

方法は、一つしかなくて、スキル以上の熱い気持ちをぶつけるしかねえ。

ただ、普通に「やる気あります」って言ってもダメなわけで、

これこれ、こういう性格なので、今はスキル無いけど大丈夫です。

って、言い方をしなきゃならんわけだけどね。



先日の面接から数日後、以前のエントリーでも書いてるけど、

楽○の採用試験を受けてきたわけだ。

IT企業でいうと、超メジャーよね。

バカ社長としては、記念受験的な感覚で行ってきました。

ただ、六本木ヒルズと思ってたのに、勝手に引越しちゃってんだもん。



前回も述べたけど、ガラス張りですげー綺麗なとこでした。

だって、駅の名前にすらなってるからな。

ただ、社員もすげーお洒落なの。

女性は、みんな丸の内のお洒落OLって雰囲気で、

男は、ジャラジャラ鎖付けて、絶対ホストだろおめー。みたいな。



説明会が19時からだったので、社員がどんどん帰って行くんですが、

「ちょっと帰りにフレンチでも食べて行かない?」

みたいな会話が聞こえてきそうでした。いや、実際聞こえた。

さすがweb2.0企業。社員も2.0だぜ(謎)



受付も、フジテレビの平井理央みたいな可愛い子ちゃんでした。

楽○の場合は、毎月一回合同説明会を開いていて、人材開発に力入れまくり。

その日も、40人くらいの方が来てて、集団説明会。



まずは、M木谷社長成功ヒストリービデオの上映会。

「10年前、たった3人の社員と一台のサーバーから始まった・・・」

って、ナレーションから、ウハウハになるまでが綴られてます。



そっから、若いのに、結構な役職の女性社員の方から、会社説明。



で、しばし質疑応答の後、個別面接です。

面接官が20人くらいいて、各自違う部屋に連れて行かれてマンツーで面接。



バカ社長の担当の方は普通にスーツでしたが、

違う部屋の面接官は、「ちょっとコンビニに電池買いに来ました」

って感じで、ダブダブトレーナーに雪駄という素敵な出で立ち。

ここらへんは、さすがIT企業だなあああ。



で、バカ社長の面接ですが、

前述の通り、溢れんばかりの熱い気持ちをドーンとブツけたんですが、



「なるほど・・・。で、何ができるんですか?」



って、一言で、オレのハートは一瞬で鎮火。



面接後、採用試験のやり方についてアンケート(匿名)があり、

会社説明や、面接時に気付いたことや改善点などを書かされます。

面接でボロボロにやられたバカ社長は、そのアンケートに、



『もうちょっと優しくしてほしかったです』



と、何とも言えないメッセージを残して逃げ帰りました。

この記事は、 12 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter