total:
  today:
  yesterday:
2008年03月一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク      2008.03.31 駅員の心のサービス

今日の帰り道。

満員電車の中、乗り換えるために、何とか電車を降りた。

駅員が、マイクで喋っている。



「この電車大変混雑しております。皆様、おしあわせにお乗り下さい」



確かにそう喋った。



普段なら、「皆様、押し合わずにお乗り下さい」だ。



オレは、ただの言い間違いかと思ったが、ピーンと来た。

これは、駅員並みの心遣い。心のサービスだ。

彼は、満員電車の乗客達にこう語りかけているに違いない。



 ホラ、皆さん。今日で3月も終わりです。

 明日からは、4月です。益々春ですよ。

 桜は綺麗に咲き誇り、つくしも芽を出してるに違いありません。

 今日くらい、穏やかな気持ちで過ごしましょうよ。



なんて、お洒落な駅員なんだ。

オレは、このジェントルマンな駅員に心の中で「ありがとう」が言いたい。

駅員の姿を探した。



すると、



「ハイ、押しますよ〜。フンッ!」



電車に入りきらん客、思いっきり押し込んでた。



「あ、お客さん。足!足引っ込めて!」



俺の心の桜が弱冠散った3月最終日の出来事。

この記事は、 20 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2008.03.20 過去の自分からの手紙

若さ、若さってなんだ

あきらめないことさ

 by宇宙刑事ギャバン



最近、年齢より若く見られることが多くなりました。

未成年な頃は、年齢より上に見られることが多かったのに、

一体、何でなんだろーか。



一つ考えられるのは、

実年齢が外見を追い抜いたということ。

昔から、老け気味だった人は、大人になっても変化が無いってやつね。

確かに、中学時代くらいから、あんまり変わって無い気がする。



でも、実際中学時代よりは、

    恋もしたし

    悲しい別れも経験したし

    童貞も失ったし

    コンパでズタボロにされたし

    キャバクラにも行ったし

    軽くストーカーもされたし

    ドラえもんで号泣したし


とにかく、色々経験して、成長してるはずなんですよ!



ただ、年の割には、

    無謀な自転車旅行をしたり、

    その途中でウンコ漏らしたし、

    アホなブログ始めてみたり、

    脱サラして、起業目指してみたり、


歳を増すごとに、無茶なことしてるのも事実。



最終的に、若く見られることっていいのか悪いのかようわからんのー。

なんてことを考えちゃう今日この頃。

そんな中、部屋を掃除していたら、懐かしいものが出てきた。



それは、今から5年前。ようやく社会人として慣れてきたころに企画した



『五年後の自分への手紙』



要はタイムカプセル。

これをオレが発案して企画して、ハンド部のみんな計26人に手紙を送った。

ただし、返って来たのは、わずか6人。

明らかに企画倒れです。



とゆーのは、さて置き、

気になるのは、5年前のオレが、5年後の今のオレに

どんなメッセージを書いたのかということだ。

オレのことだから、きっとふざけたこと書いてるんだろーな。

全くもぅっ!オレったら、ふざけてばっかりなんだから!!

と、少し恥ずかしながら読んでみた。以下、原文そのまま



    ====================

    2008年のオレは結婚して、子供が1人いるはず。

    さらに転職して一流企業でバリバリ働きながら、

    部下の女の子とイケナイ関係になりそうになりながらも

    ダンデーに暮らして、チョビヒゲが似合うような人になっているはず。

    そろそろ人生に疲れてるかも。相変わらず巨乳好き。

    ====================


合ってるの最後の、



相変わらず巨乳好き。って、とこだけじゃねーかー!!!!



ごめんよ、5年前のオレ。

子供以前に、未だに、コンパとか行ってるよ。



ということで、この手紙の『5年後の自分へ』というところを、

『10年後の自分へ』と書き直したのでした。



頼むぞ、5年後のオレ!!



インテリアタイムカプセル
この記事は、 17 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2008.03.18 天下取りの手相を持つ男

バカ社長、数少ない自慢(良い意味で)の一つに、



手相がすげえ。



っつーのが、あります。

生まれた時に、バカ社長の手を見た、手相に詳しい看護婦長さんが、

「この子、将来大物になるに違いないわ!!」

と、高らかに叫んだほどです。

もっとも、女の子を期待していた親父は、そんなことよりも、

オレのオチンチンを見て、ガックシして、抱きもせずに仕事場に帰っていったそうですが。



かの細木数子先生も、テレビで「もっとも良い手相」というので、

バカ社長の手相を上げてました。



毎回言われるのは、かの徳川家康公と同じ手相で、『天下取りの相』なんだそうです。

我慢強く、人の上に立つ器で、才気溢れる、大器晩成型。

そんな感じで、手相占いに行くと、大概めちゃくちゃ褒められまくり。

なので、手相占いは、嫌いじゃないです。むしろ好き。



でもって、先日、久しぶりに横浜の中華街に行った際に、連れが占いをしたいと言うので、

手相を見てもらうことに。

最初は、

「アラ、マスカケね!あなた、凄い運勢の持ち主よ!」

眼鏡のおばちゃんから、相変わらず褒められます。

おぉ、占い師、苦しゅうないぞ。

オレ、上機嫌。



「あなた、何やってるの?」

「あ、サラリーマンです」

「えぇっ、勿体無い!辞めちゃいなさいよ!」

いや、この前転職したばっかなんですけど。



「何やってるの?コンピューター関係?じゃぁ、独立しちゃいなさいよ!」

いやいや、この前まで独立してましたから・・・。



「あなた、今やってることつまんないでしょ?!」

いや、そーでも無いんですが・・・。ってか、まだ3ヶ月だし。



確か、起業する前も、同じようなこと言われて、激しく興奮して、起業に踏み切ったんですが、

起業失敗した後にもう一回言われると、微妙なんですけど・・・。



そんなこんなで、褒められてるのか、怒られてるのか微妙な感じになった時に、



「うんうん、ソロモンの紋章?も見えるし、願いも叶うわね。

 ・・・あ、でも、あなた、努力が足りないわねぇ」



ど、努力ですか・・・。



「あなた、追い込まれないとやらないタイプじゃない?

 そうかー。やれば成功するのにねー。やらないからねー」



占い師に、ヤレるのにヤラない男に認定される。



が、激しく当たってる気が。



バカ社長のモットー:

 明日出来ることは、明後日にしろ。



夏休みの宿題も、始業式終わってからやってたし、

テスト勉強もほとんど一夜漬け。

大学の受験勉強なんて、冬休み入ってからやってたし、

おしっこしたくても、面倒だったら、我慢するし、



とにかく後回しが大好き。



その時思った。このままではオレは眠れる獅子のまま、終わってしまうのではないかと。

せっかく、神が与えた俺の才能が、開花する前に死んでしまうのではないかと。



「そうね。でも、大丈夫よ。あなたの興味があることが必ず出てくるから」



占い師は、そう言ってくれた。



が、しかし、時間は有限だ。

できることから始めようではないか!!



勇んで家に帰って来たバカ社長。

よっしゃー!とりあえず、ブログ書くか。

確かに、このほとばしる文才は、漱石もびっくりだからな。

いつか、平成の文豪として歴史に名を残すかもしれん。

ムッヒョー。印税ガッポシー!銀座のクラブとか行っちゃうよ、オレ?



おっと、そんなこと考えたらムスコが自己主張を。

ここは、頭を冷静にするか。



・・・・・・ゴソゴソ・・・・・・シコシコ・・・・・・ゴソゴソ・・・・・ジャー。



よっしゃー!頭も冷静になったところで、書くぞぉぉぉ。



さて、何について書くかなー。ネタは結構あるんだよなー。

でも、このネタは画像加工しなきゃだしなー。

どーしよっかなー。。。



って、やってたら、    寝た。



この記事は、 38 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter