total:
  today:
  yesterday:

このエントリーを含むはてなブックマーク 2008.10.11    初めてグラビアアイドルの撮影会に行って来た1

2008年10月16日


オレは、三十歳を迎える。


この三連休は、20代最後の三連休。

つまり、20代のオレにさよならをし、30代のオレにこんにちはしなければならない。

そのためには、、、そう、そのためには、神性なる儀式が必要だ。


そのためにオレは、

秋葉原

秋葉原に向かったんだ。




オレは、20代最後の夏を前にこのブログでいくつか目標を宣言した。

 ・スキューバダイビングに挑戦する

 ・バンジージャンプに挑戦する。

そして、

 ・グラビアアイドルとステディな関係になる。


上記二つは、予定通り達成した。が、問題は、三つ目だ。

夜を徹して考えても、グラビアアイドルとステディな関係になる方法が全く思いつかない。

そうこうしてる間に、着々と時間は過ぎていく。さすがのオレも焦った。

しかし、『他人に嘘は吐くが、自分に嘘は吐かない』がモットーのオレは、最後の賭けに出ることしてした。


それは、

グラビアアイドルの撮影会に侵入して、その場でアイドルを落とす


これしかねぇ。

一瞬に、オレの30年間をベットするぜ。



そして、オレは、すぐに石丸電気のサイトにアクセスし、三連休に撮影会が行われるアイドルを調査。

そして、その日が初めてのイベントというあるグラビアアイドルにターゲットをロックオンした。

そう、オレの好みなんて関係ない。

オレは、『グラビアアイドル』という冠に興味があるんだぜ。フッ、オレって悪だぜ。



しかし、さすがのオレでも、いきなり当日の一瞬でアイドルを落とすのは、難しい。


なので、その日からしばらく彼女のブログに侵入し、好印象なコメントを投稿していった。

フッ、オレって策士だぜ。




しかし、そうやって戦略で、ブログ上でコミュニケーションを取ること数日。




気付いたらオレは、そのアイドルに、淡い想いを抱いてしまっていた。



こ、これがグラビアアイドルのパワーってやつかぁぁぁっぁあ。


み、認めん。こんなもの断じて認めんぞぉぉぉ!!



そんな状態で、いざ当日を迎えることになる。


つづく

この記事は、 3 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter