total:
  today:
  yesterday:

このエントリーを含むはてなブックマーク 2008.10.15    20代最期の日に出家する

私、本日が正真正銘二十代最期の日になります。

今まで、様々なバカなことをやって参りました。

関係者の方々には、ご迷惑をかけたかもしれません。

改めてお詫び申し上げます。


私、バカ社長本人と致しましても、反省しなければいけない点もあるかと思います。

かと、言ってここでツラツラと侘びたところで、皆様には伝わりにくいと思いますので、

行動で示させて頂ければと思います。



と、言うわけで、


松青寺

出家することにしました。


嘘です。


30歳を迎えるに辺り、今までのバカな自分を見直すために、座禅をしに来ました。

そう、このブログで夏前に立てた目標の最後の項目になります。

今までの30年間の自分を振り返って、悟りを開きたいと思います。


と、いうわけで、ここは東京のど真ん中の港区にある松青寺(せいしょうじ)

両隣を超高層オフィスビルに挟まれつつも、


松青寺


それに負けないくら威厳ある佇まい。

実は、仕事場のめっちゃ近くです。


松青寺

東京タワーも覗けます。

ここでは、毎月第三水曜日に座禅会が開かれており、それに参加しに来ました。


中に、入るといきなりインド僧がお出迎え。

格好も、めっちゃインドの僧なんですが、交換留学?みたいなことでもやってるんだろうか。

仏教って元々向こうものんやもんね。


そんな天竺から来たインド僧に「ここ真っ直ぐ行って突き当たりに更衣室あるから」と、流暢な日本語で案内され、さらに、更衣室で荷物と靴下と腕時計を外すよう言われ、待合室へ。

しばし待たされた後、初心者には、座禅の説明がなされた後、いざ40分間の座禅開始。



―――沈黙。



部屋の中は、ただ静寂。

唾を飲み込む音さえ響きます。


そんな中、


  スピー  スピー  スピー



オレの鼻から音漏れてるんですけどー!


禅宗では、目を開けたまま、口を閉じて、鼻呼吸で座禅をしなければならないんですが、元々鼻の調子がよろしくないオレには、いささかしんどいんですけどーー!!

って、わけで、しばらくそれが気になって、頭を無にするなんてできません。


が、しかし、座禅を組み出すと時間の感覚がなくなってきます。


そんな中、段々鼻の音漏れなんてどーでもえーかも。そんな小さいこと気にしてどーすんの、オレ。

みたいな、思考になっていきます。


するとなんと、なぜか鼻の通りがよくなって、音漏れがなくなった。


もしや、これが座禅の力かー!!!!


一歩、悟りに近付いた気がした。



が、その直後、


へ、屁がしてえ


こんな沈黙の中、オナラの音なんかさせた日にゃぁ、30歳迎える前に、自殺しちゃうよ、オレー!


ワナワナワナ。小刻みに震えだすオレ。

しかし、座禅なので、棒持って見回る坊さんがいます。

ここで叩かれた日にゃぁ、その衝撃でオナラが出かねん!!


く、くぉおおおおおおおお。20代最後の試練だぜぇえええええ!


と、そこでオレは気付いた。


座禅とは、己との闘いであると。


普段の生活の悩みやストレス、そして、その時の足の痺れや、雑念、そして、オナラの衝動をも抑え己を無にするのだ。


そうやって、自分を無にすることしばらく。


突然、鐘の音、太鼓の音、そして木魚の音が続けて鳴り響く。


そして、最後に鐘の大きな音が鳴り、40分が過ぎたことが知らされた。




初めは、物凄く長く感じるんだろうと思っていたが、終わってみれば一瞬。

そう、それはまるで、オレの30年の人生の如く。


その後、待合室に戻り、お茶を飲みながら坊さんの説教を聞き、終了。

6:30から、終わってみれば8時過ぎ。



寺を後にして、家路に着く。わずか2時間だったが、なぜか心に充足感。


座禅の効果を感じながら、電車に乗るが、女子高生の生足をチラ見するオレ。


まだまだ、修行が足りないみたいです。



と、いうわけで、あと少しで20代ともお別れ。

30歳には、何が待っているのか。

きっと、明日の朝起きたら、ジローラモになってることを祈りながら、床につこうと思います。

それでは、さらば、20代のオレ!

そして、30代のオレもよろしくね!


この記事は、 10 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長のお口の恋人 (大阪) 投稿日:2008/10/16 06:22:19
30代もあまり何も変わらないような気がします。

返事が欲しけりゃtwitter