total:
  today:
  yesterday:

このエントリーを含むはてなブックマーク 2009.04.14    スーパー文化堂のレジは精鋭揃い

我が家の近くにあるスーパー文化堂。

ここは、閉店が深夜0:00と、遅くまでやっていて、サラリーマンにとっては有難いスーパーだ。

引越しした理由も駅前にこのスーパーがあったからと言っても過言では無い。

そんな近所のスーパー文化堂だが、少し普通のスーパーとは違うところがある。


それは、レジ係が全部お婆ちゃん


場所が下町だからか、揃いも揃ってお婆ちゃんなのだ。

そのお婆ちゃんは、また揃いも揃ってキャラが濃い。


お婆ちゃん1

代金を丁度支払うと、

「ハイ、872円。ピッタシカンカンねー」


久しぶりにピッタシカンカンってワードを聞きました。



お婆ちゃん2

「お箸いります?あぁ、いらない?ホント?すみませんねぇぇぇぇ。

 袋は小さめでいい?ホント?すみませんねぇぇぇぇ。」


なんか、こっちが悪いことしてる気になります。



お婆ちゃん3

「えーっと、コロッケが二つ。・・・・・・コロッケ?!これ、コロッケ?!

 えー、トマト・・・トマトと・・・。トマト?!」


バーコードが付いていない商品だと、レジでボタンを探すのが苦手らしく、いちいちびっくりしっぱなし。



そんな、お婆ちゃんを揃えたレジですが、意外にみんな元気でハキハキしてていい感じ。

しかし、そんな精鋭達にも一つ弱点が。


それは、閉店間際になると明らかにパワーダウン。

電池がきれかけのロボットのように、レジをしながら瞬間的にフリーズします。

先ほどのお婆ちゃん3なんかは、


「えーっと、焼き鳥2本・・・。焼き鳥・・・・・・・・・・。ヤキ・・・トリ?」

と、フリーズしながらも、何とかボタンを探し出すも、レジには、


 『レタス』


他の店ならそんな間違いされたら、ちょっとイラっとくるものですが、なぜかこの店だと、


「お婆ちゃん、頑張って!もう一回チャレンジしようよっ!きっと次はできるよ!」


と、応援してしまします。

もしや、これも、文化堂の狙いか?!


というわけで、がんばるお婆ちゃん達が見れるスーパー文化堂、オススメです。

この記事は、 39 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長の泣きボクロがたまらない (静岡) 投稿日:2009/04/23 21:59:20
行ってみたい。

2 名前:バカ社長の美容師 (東京) 投稿日:2009/06/03 14:01:15
ばあちゃんのバッテリーの持ちは予測不能

3 名前:バカ社長の元マイミク (東京) 投稿日:2013/02/05 09:35:41
4月からウチの娘が入社するの。18才よん。 そんなお婆ちゃま方の中で大丈夫かしら?

4 名前:バカ社長の義兄弟 (東京) 投稿日:2013/02/05 09:36:35
4月からウチの娘が入社するの。18才よん。 そんなお婆ちゃま方の中で大丈夫かしら?

返事が欲しけりゃtwitter