total:
  today:
  yesterday:
2013年03月一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.03.30 仲直りのケーキ

先日、嫁と派手に喧嘩をした。

オレから、一方的に喧嘩をしたのだが、会社に行ってる間よくよく考えると自分にも非があったことに気付いた。


罪悪感。



仲直りするために、どうしようと悩んだ末に、会社帰りにデパチカへ。


売り子のおねーさんに、ちょっと変なお願い。「いいですよっ」少し笑いながら快諾してくれた。




家に帰って嫁に渡す。


仲直りケーキ



仲直りケーキ

二人で仲良くケーキを食べましたとさ。

この記事は、 4 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長の元マイミク (神奈川) 投稿日:2013/03/30 21:20:55
相変わらずの「意外とやさしい」。笑

2 名前:バカ社長のトレーナー (東京) 投稿日:2013/03/30 22:02:36
いい話;;

返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.03.23 最近のエロビデオ屋さん

前回、教え子にDVDを買うにあたり、久しぶりにエロビデオ屋に行ったんです。

スカ○ロ物とか、SM物とかキワモノ系なんかがたくさんあったりして、カオスな雰囲気が大好きなバカ社長は、勉強になるなぁ。なんて見てました。


エロ本



ひと通り店を一周したところで、一番端の方に、チャイルドコーナーみたいなのがありました。

小学生や中学生がセクシーな水着着てるイメージビデオが流行ってるっていうのは噂に聞いてたんですが、エロビデオのジャンルとして確立されてて、専用コーナーができてるじゃないか!

海外から見たら凄いヒンシュクものらしいけど、日本は本当にこういうのは進んでるよなー。

裏表紙を見ると、これを見る人間は間違いなく一人エッチする目的で買うとしか思えん代物。おそるべし低年齢化。

なんて思いながら、見てると、日本人の幼女達に並んで、外人の幼女物まであるじゃないか!


エロ本


確かに、外人の幼女って、年齢の割に大人びまくってるからな。

うーん、ちょっとこれは見てみたいかもしれない。


と、その時、視線を感じた。

ふと、顔を上げると、


ニヤニヤ


店員と目があった。


「お客さん、好きですねぇ。それを手に取るなんてお目が高いっ」


と目が言ってた。 ように感じた。


ちゃうねんちうねん!社会勉強として見てるねん!幼女に興味なんかないねん!おっぱい大好きやねん!


と、目で喋り返したが、もちろん伝わらず。


そこで、急いで普通の女優物のコーナーに移動し大人っぽいエロビデオ手にとって、ドヤ顔で エロビデオを買う三十路。


(自分の中で)汚名返上を果たしたオレは、肩で風を切りながら怪しい張り紙だらけの自動ドアを潜り抜けて外界に戻る。


夜風が急激に体温を奪っていくのを感じながら、

そっと流れ出た涙は、きっと花粉症のせいに違いない。

この記事は、 2 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.03.16 ミャンマーへの手土産

バカ社長は、その昔ハンドボールの指導者をしていた時期がありました。

その時バカ社長は、社会人。教え子は現役高校生。


その頃のオレは、まだ二十代で毎日片時もなく、おっぱいのことを考えていたのですが、今では落ち着いてたまには、お尻のことも考えるようになりました。


つい先日、そんな教え子に飲みに誘われて、かなり久しぶりに会って来ました。

教え子も、今では25歳。ちょうど彼らを指導していたオレの年齢です。

彼らの成長を感じ、大変楽しい飲み会でした。


ちなみに、今回は教え子のキャプテンだった熱血男が商社に入社して、自ら海外赴任を希望して単身赴任をする。その壮行会という位置づけでした。

国は、最近民主化で注目度大のミャンマー。

とは言え、中国なんかと比べるとまだまだ先進国。


ここは元指導者として、人生の先輩として、男として、プレゼントを送ることにしました。


海外に行くと辛いこともあるだろうし、日本語が恋しくなるってよく聞いていたので、DVDを送ることに。



人志松本のすべらない話 THE BEST




アメトーーク!DVD 24



ここまでは、まぁ決まっていたのですが、最後は近所にある怪しい店に入って熟考すること40分。




この3本のDVDにオレの思いを託して渡しました。


高校時代、真面目で硬派だったキャプテン。こんなのをあげたら、もしかしたら、照れるかな?嫌がるかな?

という思いもあったのですが。

3本目のDVDを見て、

「バカ社長さん。これが一番すべらないっすよ!

めっちゃ目キラキラさせてた。


熱血硬派はどこにいったのやら。ま、社会人になればそんなもんかね。

というわけで、年月の経つのは早いなぁ。と感じたさる3月の出来事でした。

この記事は、 1 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.03.09 恵比寿行進曲

蒲田行進曲って知ってますか。

掻い摘んで話すと、新撰組の映画に出演する役者たちの話で、そのクライマックスで斬られ役が長い階段を落ちるというシーンがあります。

映画内では、軽くて半身不随、重くて死亡というまさに命がけ。しかし、それを演じた役者はその時だけはスポットライトを浴びることができる。

その役に挑む売れない役者の葛藤なんかが描かれるんです。




というわけで、ちょい前の話。

JRの恵比寿駅を降りて地下鉄日比谷線に乗り換えようと思ってました。

JRから日比谷線に行くには、駅ビルの長いエスカレーターを下らないといけないんですが、そのエスカレータを下って、さぁ乗り換えるかという時に後ろから女性の悲鳴が。


「キャーッ!」


思わず振り返ると、上りエスカレーターに乗っていた40代くらいの中年カップルの女性が足を踏み外したようでした。

しかし、線の細い男性に比べて女性はかなりの巨漢。

足を踏み外して、上半身が後ろにのけぞった体勢で、手だけ男性の腕を掴んでいるのですが、踏ん張る男性もかなり辛そう。

女性は、のけぞった自分の上半身を自分の腕力では引き上げることもできないようで、ジリジリ男性が引っ張られて二人共倒れちゃいそう!


と、その時、

「ウオリャー!」

線の細い男性が、雄叫びを上げると、



パシーンと、女性の手を払いのけた。



このままでは共倒れになると思い、自分だけでも助かろうと思ったのだろう。

なんとか、男性はその場に座り込み事なきを得たが、


「ギャーーー!助けてーーー!!」

のけぞったままゆっくりと上半身を下に倒れ、そのままズドドドドドドと、落ちていくではないか。


そして、その下には、ボーダー系の若者。ど、どうする若者!

インディジョーンズでいうと、洞窟の上から丸い大岩が降りてきて逃げ場が無い状況!


女性は、藁をも掴む思いなのか、その若者を掴んで止まろうとするも。


ピョーン!


マリオなみの身のこなしで華麗に避ける若者。


結果、その女性は、そのまま下の方まで落ち、なんとか落ちるのは止まった。


しかし、逆さまになったまま自力で起き上がれず、エスカレーターに押し上げられては自分の体重でずり落ちるという、無限ベルドコンベアー地獄に。


その間中その巨漢の女性は、「誰かー!ギャー!」と、叫び続けていたのでした。


ようやく、ジェントルマンな男性二人がかりで助けられていましたが、エスカレーターの上のほうから寂しそうな表情で女性を見る恋人の男性。


その様子はもう蒲田行進曲なんか目じゃない階段落ちでした。


今日の結論:エスカレータに乗る時は手すりを持とう!


この記事は、 2 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.03.02 ウォーキング赤坂

最近、帰り道三駅歩いてます。

健康のため。

東京都心は、地下鉄がそこら中通っているので、三駅つっても、20分くらいなんですが。

赤坂見附という駅まで歩いてます。


ワタクシこの歳で初めて赤坂近辺を歩いてるのですが、赤坂と言えば、料亭!

政治家達が、高そうな料亭の特別室で、国家の行末を熱く語りながら、隣にはべらした芸姑の胸を弄る。

しかも、芸姑も少し頬を赤らめるだけで、抵抗しない。

んで、襖開けたら布団敷いてある。


みたいなものすごい偏ったイメージですが、町中には確かに料亭通りみたいなところはあって、高そうな黒塗りの車が待ってたりするんですが、

料亭つっても、見た目は普通の和風の民家みたいでそんなにでかくない。中に入ったらでかいのかもしんないけど。


しかし駅前は、ラーメン屋とか、牛丼屋とか、焼肉とかそば屋とか、大衆向けの店がいっぱい。

そんな店の間に突然、怪しいメンズエステとかあるし。

しかも、めちゃくちゃ安いし。60分5000円とか、てもみんより安いっ。

どことなく中華の匂いを感じるので、人件費が安いのだろうか。


銀座を安っぽく大衆風味に仕上げました。そんな町赤坂。


でも、そのせいか色んな面白そうな店があって、結構町中をフラフラしているのも楽しかったりします。


先日も帰ってる際に、横断歩道で突然、チャリに乗ったギャルっぽいおねーさんから、


「赤坂サカスはどちらにありますか?」と聞かれたので、新手の逆ナンかと身構えたのも束の間、


「うーん、ちょっとわかんないです」


と言ったら、「そーですか」と、チャリでスイスイーといなくなってしまいました。


と、思ったらすぐ近くに赤坂サカスあったりして。

せめて、iPhoneで調べてあげるべきだっただろうか。

そしたら、何か見返り的なものがあったのだろうか。

耳をすませばみたいに、二人乗りして結婚してくれ。的な展開があったのかもしれない。



別の日には、寒かったのでラーメン屋に入ったら、なぜかオレの後から外人が後から後から入ってきて、最終的にその店の中が、


店員(日本人)3人

オレ

外人7人


オレが入店してから10分程度で、英語飛び交うラーメン屋に変貌。

ラーメン食べながら、ここ日本だよね? という状況になりました。


しかもほとんどの外人がラーメン屋にも関わらず餃子とチャーハンを頼むという、何その通ぶった注文。

思わず、オレも別の日に気になってチャーハンと餃子頼んだら、味普通やったやんけっ!



あと、気になるのは、赤坂見附の駅の真ん前にある

コスプレ焼肉 OK

「鹿児島産黒豚食べ放題 コスプレ焼肉 OK牧場」

もうなんだろ。オレが鬼太郎なら、髪の毛全部が逆立つくらいの妖気全開。

HPの一番上に「※当店は六本木クラブ襲撃事件と一切関係ありません。」とか書かれたら逆に気にするわっ!

でも、いつ潰れてもおかしくない店っぽいから、誰か東京に遊びに来たらちょっと行ってみたい気もする。


そんなわけで、魅力的な赤坂なのですが、

魅力的な店も多くてついついラーメン屋に寄ってしまってるせいか、健康的になるどころかどんどん太ってもーてるって話。

この記事は、 3 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter