total:
  today:
  yesterday:
2013年09月一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.09.29 35歳社内SEが転職するためのススメ



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ




最終回の今回は、同じく転職しようか悩んでいる方からの質問に答えていこうと思います。

全国の転職希望者の皆さんたくさんのお便りありがとう!(嘘)

では、早速この質問から!


Q1.内定もらうまで何社くらいに応募したんですか?

 バカ社長の戦績は以下の通りっす。

期間紹介求人数応募社数書類審査突破内定
3ヶ月約200社20社6社1社


意外と応募してないね。

もうちょっと探した方ががいいかとも思ったが、内定貰った会社よりいいところが出てくるかわからんし、縁と思って割り切りました。



Q2.転職先の給与はどのように決まるのですか?

 まず、最初にエージェントに希望を伝える必要がある。

その条件を元に、求人が紹介されます。ここでは多少高過ぎるくらい言っておいてもいいでしょう。

その後、企業での面接時点でも聞かれます。ここでは、リアルな金額を聞かれるのですが、聞かれ方としては、

「希望年収はいくらですか?」⇒「最低ではいくらですか?」と連続で聞かれたりも。

いきなりこれを聞かれると、うっとひるんでしまいがちですが、これは断固同じ額を言った方がいいです。

その一言で、自分の年収が決まってしまうし、あとで年収を高くするよう交渉するのは結構難易度高いです。

現職の給与は先方にも伝わってるので、あまりに高過ぎるとそこを突っ込まれる可能性はあります。

ただ、現職の給与よりは絶対多く言いましょう。転職するのに給与下がるとか無駄にリスク増やす意味ないし。

最終的に内定の時点で、正式金額が提示。残業代やボーナス(どちらも想定)なども加味した金額です。



Q3.結果はどのくらいの期間で返ってくるのですか?

 書類審査は、最短で翌日。平均して1週間くらい。

ただ、応募するタイミングが遅く、既に候補者の選考が進んでいたりする場合は、その結果を待って結果が返ってくるそうで、3、4週間くらいかかることがあります。(しかもだいたい不合格)

面接の場合でも、平均1週間くらいで返事がきてました。



Q4.転職活動してることを会社の人にばれなかったんですか?

 ばれませんでした。

若干面倒だったのは、うちの会社はビジネスカジュアルだったので、ネクタイや上着はいらないのですが、面接当日はどうしてもネクタイと上着は必要です。

なので、夏の暑い時期なのに、カモフラージュのため、毎日ネクタイと上着を着て、会社行ってました。



Q5.働きながらだと転職活動ができないので先に辞めようと思っているのですが

 エージェントからは、内定を貰ってから辞めた方が絶対いいよと言われてました。

確かに結婚して家も買っちゃたりしてるので、先に辞めるのはリスクが高い気がする。

ただ、バカ社長の会社はコスト削減のために残業ができない状況だったため、終業後の時間が自由だったのは大きかったです。

それでも結構精神的にしんどかったので、独身だったら思い切って先に辞めるのもアリな気はする。



Q6.履歴書は未だに手書きなんでしょうか

 エージェントに聞いたら、やっぱり手書きが推奨だそうです。でも、必須ではないとのこと。

求人票で敢えて「履歴書必要。印刷可」とか書いてあるのもあった。

バカ社長も、手書きなんてナンセンスやなー。と思いながらも、結局手書きにしました。

ちなみに、欧米だと手書きなんて有り得ないそうです。今回提出した英語の業務経歴書は、そもそもデータでの提出でした。確かに手書きで書いてスキャナで取り込んでデータで提出とか有り得んもんな。



Q7.採用時に年齢制限は撤廃されたと聞きましたが実際はどうですか

 雇用対策法の改正で求人に際して年齢制限してはいけないようですが、実際は全然ありました。

確かに求人票からは年齢の欄が消えたのですが、「社会人経験3〜12年程度」という書き方してたりするのもありました。

また、応募する際に年齢は知らせるので意味ねーじゃんって感じです。

実際、応募して速攻で不合格がくるものがありましたが、あれは年齢(または学歴)でフィルターかけてるんじゃなかろーか。

まぁ、実際年功序列が残る日本では、年齢気にしないって難しいよね。



Q8.履歴書に写真を貼付けなくてもいいと聞いたのですが

 確かに履歴書に写真は必須ではないと、エージェントも言ってましたが、写真データの提出は求められました。

また、求人票に「履歴書(写真貼付け必須)」と明記されてるのもあったりで、外見である程度判断はしてるんでしょーね。

そんなわけで、転職始めるにあたり履歴書用の写真撮りに行ったのですが、最近の証明写真の機械も進歩してて、「男前モード」とか「美肌モード」とかあってすごかったです。

最近の証明写真

試しに200円多く払って男前モードで撮ってみたら、確かに男前になった気が!



Q9.面接などの交通費は支給されますか

 支給されない。5年前は何社かくれたけどなー。



Q10.SPIの勉強ってしておいた方がいいですか

 エージェントには、やっとけと言われたが、今回SPIを受けたのは1社だけ。

しかも、WebのSPIと昔からある筆記のSPIって問題の範囲が違うらしくあまり役に立たなかった気が・・・。

求人票でSPIやるかどうか、ある程度わかるので、SPIを実施するとこに応募しなければ、勉強しなくていいのではなかろうか。

ただ、大手企業(金融系とかマスコミ系とか)は、SPI率が高い気がした。

なので、大手指向の人は勉強した方が良い。



Q11.退職を上司に伝える時に引き止められないものなの?

 次の会社が既に決まってると言えば、引き止められない率は高いんじゃないかなー。

だって、転職活動して、内定を得てるって、それだけで退職の意思は相当強いもんね。

逆に次は決まってないのに辞めようと思うって伝えても、刹那的なものと思われて、部署移動させるから。とか引き止めてくる可能性は高いよね。



Q12.退職を引き止められて、内定辞退してもいいの?

 内定出てから上司に言って承諾得るまでは、エージェントがこまめに連絡してきて状況確認してたので、そういう事象はそれなりにあると思われます。

もし、内定辞退しても、エージェントに言えば面倒なことやってくれそうだから、そういう意味でもエージェント経由だと楽。



Q13.取引先の人にも退職メール送る必要あるんですか

 バカ社長は、次の職場でももしかしたら声がけするかもしれないと思う取引先にのみメールしました。

打算です。

なので、別にやらなくてもいーと思います。



Q14.転職エージェントを使う上でイケてるとことイケてないとこ教えて

 イケてるとこは、求人先との面倒な手配を全部やってくれること。

イケてないというか、期待してはいけないのは、転職にかかる作業全部をサポートしてくれるわけではない。

例えば、自分に合う職種とか企業とか、自分が気付いてないところをヒアリングして導きだすとかそういうとこはやってくれない。あくまで自分はどうしたいかは、自分で考える必要がある。

面接とか、経歴書の書き方とかは、講座(無料)があるので、頼めばエントリーしてくれる。



Q15.転職活動をしようと思ってる人にアドバイスを一つだけするとしたら何ですか

 自分がどんな案件にかかわって、どんな成果を出して、どんな技術やスキルを身につけたかを年に一回は棚卸ししておくこと。

そのデータを家のPCで管理しておくこと。

転職最初にこれをやって経歴書作るけど、かなり時間持ってかれて、転職する気が失せる。



Q16.また転職するんじゃないの?

 ねー。こればっかりはわからんけど、自分の親を見てても結経転職してるから、飽き性なのかもしれない。

逆に、いつそうなってもいいように、家族を食っていかせるだけのスキルを身につけていきたいです。



以上。

しっかし、10月から新しい会社やけど、もうちょっと休みほしー。

この記事は、 4 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.09.28 退職を告げる時



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ




新しい会社に転職するためには、その前にやらなければならないことがある。

それは、退職

バカ社長は一社目を辞める時は、客先に常駐していたということもあり、本社の上司にメールで知らせたが今回は勝手が違う。

こりゃ、仁義を通す意味でも直接言うしか無い。あぁ、面倒だ。

面接時に、内定から1ヶ月は時間をくれと言っていたこともあり、内定先からは、10月1日からの入社を打診されていた。

1ヶ月あれば余裕かと思っていたが、翌日会社の就業規則を見ると『退職届は、2ヶ月前に提出すること。止むを得ない場合は14日前までに提出すること』という規約があるのを発見。


あ、やべー、全然2ヶ月切ってるわ。


その日が金曜日だったので、月曜日にでも言うかと思っていたが、それを見たために急遽上司に打ち合わせの時間を取ってもらい、会議室にて退職の意を告げる。

上司は、「もしかして、オレのせい?」とか聞いて来たので、


「今頃気付いたのか!全部、お前のせいに決まってるだろ!」 と半沢直樹なことは、言わず(まぁ、少しはそうなのだが)、以前から転職を考えていたこと。他業種でスキルを伸ばしたいこと。35歳になるこの歳がタイミングとしては、ラストチャンスになること。などを告げてすんなり了承を得る。


でも、了承をした後に「あれ?もしかして、引き止めた方が良かった?」とか本人に聞くのやめて。


次は、その上の部長に告げないといけないのだが、夏期休暇で、その週は不在。


翌月曜日も、夏期休暇(予定では出社だったのだが)で不在。


火曜日は、夏休み明けで予定が埋まっていてなんとか捕まえれそうになったが「頭痛がするから帰る」とのことで空振り。

翌日の水曜日の午前中になんとか捕まえ、直属の上司と共に説明。

理由を色々聞かれるが、特に強い引き止めもなくクリア。

そこから、人事への提出資料などを提出したりと、退職へ一直線。


上司に退職を伝えてから、並行して、個人的にお世話になった方や仲のいい方には直接伝えたかったので、昼休みにご飯や定時後に飲みに誘って、退職すること告げていった。


4月に組織変更があったため、引き継ぎなどは、大して残ってなかったので、ここらへんもパス。

有休消化も1週間取れれば良い方かと思っていたが、上司の計らいで半月取れる事に。


9月13日(金)

あっちゅー間に最終出社日。そもそも退職を伝えてからたったの3週間。

最後の日は、午前中にお世話になった取引先の方に退職を知らせるメールを送信。

意外と返事が返って来てそれの対応に追われる。

午後に、社内の人に退職を告げる一斉メールをして、お菓子を持って挨拶回り。計80人には挨拶したか。

そして、16時頃、部署の方たちの前で退職のご挨拶。

最初は、余裕かなー。と、思っていたが、いざ挨拶をするとなると、色々こみ上げてくる。


あ、やばい。これ、泣けるやつや。


ぐっとこらえて笑顔でなんとか乗り切る。

挨拶の後花束を貰い、残った時間で、他本部の人などまだ挨拶できてない人にも挨拶に回る。

午後に送った退職告知メールで、退職を知った人も何人かいて、いろいろと話は弾み、気付いたら定時。

その日は、飲みに行く約束をしてたので、人事部に返却物を返したりバタバタして最終出社日終了。


急な退職というのもあり、最終出社日の後に送別会が企画されたり、しかも、計5回くらい企画されてて、会社の人には感謝しまくり。(ちなみに昨日(27日)も送別会だった)

おかげで体重が2キロほど増量しましたとさ。


別れは寂しいものですが、いろいろと大切なことに気付かせてくれて、これも悪いもんじゃないなと思ったのでした。


次回、転職記2最終回!

この記事は、 7 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長の隠れファン (東京) 投稿日:2013/10/24 00:11:15
コメント書けたー!その後、減量できたのでしょうか?笑

2 名前:バカ社長のほしのあき (東京) 投稿日:2013/10/24 00:12:53
答え:新しい職場でストレスで太った!

返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.09.27 昇格か退職か



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ




話は前後して7月上旬。

転職活動にいそしんでいる頃、直属の上司からお声がかかった。

「バカ社長君、昇格の候補に上がってるから。昇格面接が7末にあるからそのつもりで」


まぢですか・・・。

今年昇格候補に上がるかもという話は聞いていたが、会社の景気が悪いので、昇格が凍結になるかもという話もあり、あまり気にしていなかったのだが、ここにきて昇格候補になることが伝えられた。


働きながらの転職活動は、想像よりもハードで、通勤時にはSPIの勉強をし、帰宅してからも企業分析や面接の練習、課題の作成などをし、また、面接自体は会社が終わってからそのまま直行するという形でおこなっていた。

また、TOEICの受験も控えてたのでTOEICの問題集もしーので、さらに夏の熱さも相まって、精神的な疲労が結構ピーク。


面接を受ける企業でも、最初の1社目以外は、強烈に入りたいと思える会社とは出会えておらず、かつ結果もなかなか出てないという状況で、ちょっと弱気。


俺、ほんまに転職すべきなんだろうか。今の会社にそこまで不満があるわけでもないしなぁ。


揺れる心。


ただ、自分のスキルアップを目的として考えた場合、一生今の会社に勤め上げるより、新しいところに踏み出した方が絶対成長できる。

何よりせっかく転職活動始めたのに、結局転職せーへんってなんか負けたみたいでイヤや(負けず嫌い)


そういうわけで、転職活動は続けるが、精神的にちょっと疲れたので、新規の応募は一旦ストップすることに。


そのタイミングで、前に応募していた企業から書類審査突破と面接の案内が到着。


7月12日

筆記試験と一次面接のためにお洒落なビルに乗り込むバカ社長。

筆記試験は中学レベルの数学と国語の問題。

だいたい楽勝だったのだが、「皮膚」という漢字が書けずちょっと落ち込む。

面接はなごやかな雰囲気で終わり、すぐに一次面接突破と、二次面接(最終)の案内の連絡が。


7月25日

二次面接では、システム部門の本部長との面談。

ここでも、ほぼ想定通りで面接終了。

仕事は大変そうだが、自分の強みも発揮できそうだし、スキルアップもできそう。しかし、1社目みたいにどうしても入りたいという思いまでは抱かなかった。


後日、エージェントの田吾作から、内々定っぽいことを知らされる。

ちょうど、応募していた求人もなくなってきたところだったので、この会社の結果が出てから、今後どうするかを考えることにする。


が、その結果が出ない。

毎週一回、田吾作が状況を教えてくれるのだが、

「現在、社内稟議の準備中だそうです」


翌週
「社長の承認待ちだそうです」


翌々週
「会長の承認待ちだそうです」


翌々々週
「会長が海外出張らしく、まだ承認待ちだそうです」


すごいゆっくり登って行くオレの稟議書。

焦りや苛立ちはなく、このタイミングでトキメクような求人こねーかなーと、求人だけ流し見する毎日。


その間に、会社での昇格面接は終了し、結果は10月1日に発表されるとのことだった。


8月のお盆も終わる頃、オレは親友ポン太の強い要望で、二人で世界遺産に認定されたばかりの富士山に登っていた。


8年ぶり二回目の富士山だったが、頂上からの景色は、日常の悩みをなんともちっぽけに感じさせる。

富士山頂




その5日後、最終面接から約一ヶ月後。オレの稟議書がようやく会長の承認を得たとの連絡が入った。


しばらくの間、ぼーっと富士山頂からの景色を思い出した後、内定を受託するとメールを返す。


8月22日

オレの二回目の転職活動が、終わろうとしていた。

この記事は、 2 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.09.25 鉄道会社に転職するには2



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ




7月20日 @東京駅。

もう行き慣れたガラス張りのビルへ。

受付の可愛げのおねーちゃん(大企業の受付のおねーちゃんは絶対顔で選んでるよね)に面接の用で来た旨を告げると、いつもとは違う場所へ向かうように指示される。

たどり着くとテニスコート2つ分ほどの広い部屋。そこは待ち合い室のようで、他にも面接らしき人たちがパラパラと落ち着き無く椅子に座っていた。

複数の会社の面接が行われているようで、何人か違う会社の採用担当者が来て、応募者を連れて奥の自動ドアへ消えて行った。

約束の時間に近づくと、先日の人事の痛い可愛い子ちゃんが自動ドアの向こうから現れ、「○○鉄道会社に応募の方いらっしゃいますか〜」

3人の男子が立ち上がった。見た感じ、どうやらバカ社長が一番年上のようだった。

可愛い子ちゃんに引率されるように、ぞろぞろと自動ドアの奥の長い廊下を進み、突き当たりにあるソファに座るよう言われる。

そこで、一人ずつ名前を確認された後、

「あのー、ところで先日の説明会は、いかがでしたかぁ?!」

目をキラキラさせて、例えるなら犬がご主人様に遊んで遊んでって言ってるような目で、尋ねて来た。

どうやら、先日の説明会の良かったところなんかを聞きたそうな雰囲気。

普段なら可愛い気も感じるんだろうが、今から面接という緊張感あふれるタイミングのこれは、正直面倒臭ぇ


他の二名は緊張でうろたえるばかりなので、年長者として、「色んな職種の説明会だったので、自分の職種についての深い質問はしづらかったですね〜」と、適当に回答する。

「そうですよねぇ!今日は、たーくさん時間あるので、たっ〜ぷり質問して下さいね!」


いちいちプレッシャーがすごいんですけど。「は、はぁ」と適当に相づちを打つ。

そして、ようやく一人ずつ面接となった。

それぞれ別の部屋に案内されていく。バカ社長は最後に部屋に案内された。

「面接が終わって部屋から退出されたら、そのまま帰って頂いて結構ですから。では、ぐわんばってくださいね!


最後まで、ブレなかったな。

内心そう思いながら、いざ部屋の中へ。


中に入ると、人事担当者と思われる年配の女性とその横にシステム担当者と思われる年配の田舎っぽい男性。

女性の方は喋りも流暢で(コンサルの人かも)志望理由や退職理由など性格的なことを、丁寧に聞いてくる。

その方のせいで、実に気持ちいいテンポで面接は進んだのだが、その間横にいる男性は全く微動だにしない。


狸の置物?


そんなことを思いながら、業務内容についての質問をすると、女性の方がそれに対して隣の男性に目配せをする。

すると、突然スイッチが入ったのか「ソコハワタクシカラ説明イタシマショウ」急に喋りだした。

質問は、先日の説明会でシステム部門の方が「仕事をやる上で、色んなルールや手順が定まっており、すごいこまかいとこまで手順化されていてさすがにうんざりすることもある」という話について、具体的にどんなルールがあるのか。というもの。

それに対しての回答が、

「弊社ハ、ISMSヤ個人情報保護法ヲ遵守シテ仕事ヲシテイマス」


は、はぁ、そうですか。

な、なんかピントがずれてる。いや、これは俺の聞き方がわかりにくかったのだろう。と自分を諌める。

とすぐにその男性が「デハ、私カライクツカ質問シテモヨロシイデショウカ」

と自分の前にある紙を手に持つと、老眼なのか少し遠目で質問を読み上げていった。

「ERPパッケージヲ導入シタ経験ハアリマスカ」

「1案件デ2社以上ノベンダーヲマネージメントシタコトハアリマスカ」

「社内ネットワーク構築経験ハアリマスカ」


などなど約10項目の質問をただ読み上げていったので、バカ社長は、ほぼYesかNoで回答していく。

そして、最後の質問が終わった後、

「私カラハ以上デス」


えっ、それだけ?!

と思ったのも束の間、再び置物と化すシステム担当者。


「では、最後に質問があれば」

女性は、置物を気にする様子もない。


さきほどの質問の内容から求める人材がバカ社長のキャリアとずれていたのを感じたでの、このままでは落ちるな。と察したが、前半はかなりいい感じで来てたのでちょっと巻き返したいと思い質問を自己アピールにつなげようと考える。


「社内SEでは、複数の案件が同時に進行すると思いますが、御社では一つの案件を、何名くらいのチームで進めるのでしょうか」

現職では、複数案件を納期を守りながら回したりと、マルチタスクに自信があったので、そこらへんに繋がりそうな質問をする。

そこで、再び置物が動き出す。

「私ガ回答イタシマス。弊社ノユーザーハ、一番大キイシステムデ5000人デス」

え?

また、俺の質問が悪かったのか?俺、システムの規模とかユーザー数とか聞いてないぞ?

そこで、食い下がって再度わかりやすく質問をするが、一度掛け違えたボタンはなかなか正しくならず。

「一人ノ担当者ガ抱エル案件ハ、3カラ5クライデショウカ」

「いえ、そうではなくてですね、、、」


結局、何とか聞きたかったことは聞けたのだが、その時点でかなりの疲労。

そのまま、挽回もできず、面接は終了。


後日、予想通りだが、「選考が難航している」という理由の元、回答期日を一週間過ぎてから結果が届いた。


 結果:不合格

 理由:より条件に合致する候補者が他におられたため


仕事内容が思ってたのと異なってたため、エージェントの田吾作にも、「多分受かっても辞退する」と伝えていたので、ダメージは少なかったのですが、二人の個性的な人に出会って思ったのは、この会社大丈夫なんだろうか。。。

なぜか落ちたバカ社長が心配してしまったのでした。

この記事は、 4 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.09.20 鉄道会社に転職するには



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ




リクルートエージェントの求人案内は、二つのやり方がある。

一つは、システムに自分の希望条件を登録してもらい、ほぼ毎朝7時ごろに自動で求人メールが送られてくるもの。

その求人をチェックして、面白そうだったら応募、面白くなさそうだったらスルー。


もう一つは、エージェントが自ら求人を、送ってくるもの。

希望条件にははまらないがエージェントの判断によるもの、大量採用や複数社合同の面接などは、個別にエージェントからメールが送られて来る。


6月14日

某鉄道会社の集団採用の求人が届いた。

毎年、リクルートエージェント主催でその鉄道会社の採用をやっているようだった。

鉄道会社なんて、なかなかお目にかかれないので、ここは申し込むことに。

数日後、鉄道会社からメールが送信されてきた。


まず、一次面接として、Web上でのSPI。そして、小論文の提出、その結果次第で、説明会と一次面接に進めるということだった。

ここにきて初めてSPIに遭遇。

期間は、6末までの2週間。SPIの問題集は買っていたが、まだ半分程度しかやってなかったので、その2週間でSPIの問題集を全て終わらしてから、臨む計画を立てる。

それと並行して、小論文にも取りかかる。

その小論文のお台も、その会社の理念に対して自分がどう感じたかを、フォーマットを問わずA4一枚程度にまとめて提出とのことだった。

久しぶりに小論文の書き方を復習して、つらつらと書き始める。フリーフォーマットとか、超面倒くさいと思いながら、結局普通の小論文形式として、下書きを進めた。

エージェントから急かされつつも、期限ギリギリに、問題集も解き終わって、SPIに挑戦。

これが通常のSPIとは問題ややり方が異なっており、非言語系の問題については、時間が足りず半分くらいは適当にチェックして提出。

そこから、急いで小論文も書き上げて提出。

ふー、やれやれ。と思いながら待つ。予定では、7月3日までには、合否判定が出るとのことだったが、4日になってもこない。

そこでエージェントからのメール。


『応募者多数のため書類選考に少しお時間がかかっているようです。

 遅くても7月8日には結果のご連絡できる予定です』

とのこと。


なんか、手際悪いなぁ。と、思いつつ期限ギリギリに課題を提出した手前文句も言えず。


そして、8日。返事来ず


翌日の仕事中にエージェントからメール。

『説明会へ参加できる人数が限られているため、選考結果を保留とさせていただきたいとの連絡がありました。

 現在、セミナー・一次面接の参加が確定していらっしゃる方で、全ての枠が埋まってしまっているため、
 《キャンセル・辞退》希望者が出た場合のみ、ご案内となるとのことです。

 遅くても、12日(金)までお待ちいただけますでしょうか。』


なんじゃそりゃ。と思いつつ、家帰ってから返事しようと思ったら、またメール。

 『先ほどのメールでお伝えしましたが、至急下記にてご対応可否を確認させていただきたいとのご依頼がまいりました。

  詳細をご確認いただき、ご都合をお聞かせください。

  ・セミナー日程:7/13(土)13:00
  (上記以外の日程はございません)』


情報錯綜


勘弁してよと思いながら、そんなに強く入りたいわけでもなかったので、承諾メールを送り、13日の説明会へ参加することに。


13日。東京。

リクルートエージェントの入っているビルにて、説明会が開催されるので、またもやガラス張りのビルへ。

土曜日にも関わらず、そこでは、5社くらいの説明会や面接が行われているようだった。

案内板を頼りに部屋に着くと、部屋の6割くらいの人が着席していた。

説明会に参加できる人数が限られてると言ってたわりには、結構席空いてる。

そんなに、みんなキャンセルしたのか? なんてことを思いつつ空いてる席に着席。


前にあるどでかいスクリーンには、その鉄道会社のCMがエンドレスで流れ続けている。

それは、仕事で失敗した有名女優Hが、上司に連れられて築地の寿司屋に行って寿司をおごられるというもの。

最初は、H可愛いなぁ。と思ってたけど、何回もエンドレスで長すもんだから、さすがに飽きる。

CMで流れる曲が頭の中をぐるぐる回りだして気が狂いそうになった頃、ようやく時間となり説明会が始まった。


新手の洗脳かよ。


説明会の内容は、最初に会社紹介、求人の紹介、その後、今回応募した職種の実際の担当者からどんな仕事をするかという説明と質疑応答。最後に性格診断とアンケートをするというものだった。

職種は、バカ社長が希望する社内SE以外に、人事部など、裏方系の管理部署の求人のようだった。

大量のパワポの内容をサクサク説明し、会社説明は終了。

次に各担当者からの業務説明。


初っぱなに人事担当者の可愛い子が説明を行う。


「実は、私も一年前は皆さんと同じ席に座ってました」

その可愛い子ちゃんも、中途入社らしく、少したどたどしく、かつ丁寧に説明を始めた。そして、業務内容の話に。

一日の業務を説明してくれようとしているのだが、


「朝8時20分ごろに来て、自分の机を拭きます。あ、でも、みんなの机を拭かなきゃいけないとか、そういうのは無いから、大丈夫ですよ♡」


妙に、描写が細かい。


「それから、12:20まで仕事をして〜、その日は、仲のいい同僚とおいしいパスタを食べに行きました♡」


という具合。いや、確かに仕事を楽しんでる感は出てるけど、業務の内容には全然触れてませんやん。


「で、自分の担当している資料を作って、関係してる人にメールを送りました」


いやいや、そこらへんをもっと、深掘りしようよ!


「それで、その日はちょっと残業して、19:00には帰りました。その日は、まっすぐ帰りましたけど、職場の人と食事に行ったり、買い物する場所も多いので買い物もよくします♡」


こんな感じで、15分以上喋ってた。

可愛いけど、これ、付き合ったらちょっと疲れるタイプや。


そして、他の方の業務説明と、質疑応答も終わり、性格診断の前に15分の休憩。


休憩なので、トイレに席を立つ人がいる中、バカ社長は席に座ってボーっとしてたのだが、その時ちょうどさっきの人事の子が、突然パーっと、何かひらめいた表情をすると、前のPCが置いてある机に向かって小走りでかけていく。


そして、PCの操作をすると、突然前のスクリーンに、再びCMがエンドレスで流れ始めた。


いやいやいやいや、それさっき死ぬほど見せられましたやん。なんで、また流しますのん。


おそらく、この休憩時間にリラックスしてもらおうと思ったのか。スクリーンには、仕事で失敗して、築地で寿司をおごられ続ける女優H。


そして、その光景に満足そうにニマニマする可愛い子ちゃん。


オイ、去年この子採用した奴、表へ出ろ。


いや、ええ子やねんけどねー。


そんなこんなで、説明会も終了。


リクルートエージェント向けのアンケートに、『この企業の優先順位を教えてください』という質問があったのだが

低めです。 と書いて帰る。


そして、一週間後の20日。一次面接。

ここでも、新たな敵が現れるのであった。


つづく

この記事は、 13 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.09.16 SEに英語は必要なのか



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ





英語を喋れるようになるには、英語を使う環境に身を置く事が必要だ。


転職活動を始めるにあたり、俺はTOEICの申込を行った。

スキルを上げるために転職するバカ社長にとって、英語は大きな魅力。

しかし、英語を勉強して喋れるようになってから転職するには時間がなさ過ぎる。

まずは、今の英語力を把握した上で、英語を使う環境に身を置く。

そして、継続的に勉強していけば、英語が身に付くはずだ。


なにより、英語喋れるって、かっこいい


2020年のオリンピックには大量の外人が東京にやってくる。

地下鉄にどうのればいいかわからない、パツキンギャル、または東欧美女に、英語で話しかけて道案内して、挙げ句にFacebookで友達になって、日本案内して、「バカ社長、あなたみたいなクールな日本人初めてだわ」なんて、言われてなんだかんだで、乳揉みてぇ。



時は7月。

世界的なIT調査会社の日本法人に応募した。

IT調査会社とは、ITの新しい技術の動向や、市場調査などを行い有料でレポートを顧客に提供するというサービスだ。

求人票には、「求める資格:英語初級」の文字が。


応募してしばらくして、エージェントの田吾作から、「英語力を知りたいので、過去の業務でどう英語を使ったかを教えてほしい」と、言われる。

なので、仕事やプライベートでも、IT系の製品の英語のマニュアルを読んでいること。

過去に外国の製品を調べた際に、外人の営業と英文メールでやりとりをしたことがあること。

なんかを、説明した資料を作って送付。



数日後、書類審査突破と一次面接の案内が届いた。

毎回、一次面接の案内には、何を行うかや、どれくらいの時間がかかるか、持ち物は何がいるかが書かれているのだが、その中に


「履歴書・業務経歴書(英文含む)」


と書いてあった。


Really?


しかも、その時点で面接まで5日しか時間がない。

急いで田吾作にそんなん聞いてないよ。応募の時点で書いとけよ。とメールすると、翌日電話が。

「あれ?バカ社長さん、英語の経歴書作成されたことないんでしたっけ?」

と、白々し返答。

こんちくしょう、その濃くて太い眉毛を一本ずつピンセットで抜いたろか。


「わかりました。たまに、いらないのに、間違って必要と言われる担当者もいらっしゃるので、本当に必要か確認します」

田吾作は、そう言って電話を切った。


合わせて、英語の業務経歴書の書き方のリンクを教えてもらう。

うーん、そうか。間違いとかあるのか、じゃぁ、答えがわかってから作るとするか。



5日後(面接前日)

前日になっっても連絡来ないのでさすがに催促したら、田吾作からメールが


「英文の業務経歴書ですが、必須だそうです


だそうですじゃねーよ!この伝書鳩が!なら、もっと早く連絡よこせよ!


しかし、いかんせん初めてなので、誰かに添削して欲しい。

むかつくけど、田吾作に、そっちで添削してくれたりするのかと聞いてみると、


「こちらで確認させて頂きます」


ちっ、今回ばかりは、お前の眉毛は見逃してやるか。


しかし、一日しか時間がないので、一次面接には間に合わないと告げると、遅れて提出でもかまわないとのことで、なんとか事なきを得る。



7月では過去最高の気温。スーツの上着を持って道に迷いながらなんとか時間通りに到着。

この会社は社員100人未満で、社員の平均年齢は40代半ば。

どことなく、大人な匂いが漂う社内で、来訪を告げると、オールバックのジェントルマンな人事担当者が来て、バリトンボイスで事業の説明などをしてくれる。

その後、エレファントカシマシのボーカルみたいな、冴えないおっちゃんが現れた。

「システム担当者の宮本(仮名)です」


おぉ、これは一転怪しい匂いが。


ジェントルマンに、志望動機などを一通り聞かれた後、「じゃ、細かい話は、システム担当者の宮本とお話ください」と、言って去って行くジェントルマン。


まず、宮本が、業務説明をしてくれるのだが、いまいちナヨナヨしてて、何言いたいのかわからん。

要約すると、小さい会社なので、一人しかシステム担当者がおらず、派遣のおばちゃんが手伝ってくれてるけど、もうすぐいなくなって、しかも、作業もhtmlを更新してアップするとか、しょぼい作業で、会社では孤立してて、今の業務を効率化したいけど、日々の作業をするのが大変で、だから、仕事が大変なんだよね。

ってことをつらつら語ってた。

で、俺は、過去の経験から、マネージメントをしていきたいという話をしたのだが、「マネージャーより、手を動かす人、プログラマー志望が欲しいんだよねぇ」との言葉が。

戦略ミス。俺もプログラマーには興味があったのだが。


はっきり言って業務にはあまり興味が無い。しかし、「英語を業務で使うのですか?」という質問をすると、

「普通に仕事してたら、海外のIT系担当者から、チャットで「HI! MIYAMOTO」とかは、くるね」


あ、ちょっと格好いい。それ。


「ま、英語はほとんど文章でのやり取りだし、やりながら覚えていけばいいですね」


ということで、英語を学ぶ環境としては、悪くない。

かなり、グっとくる。


一通り、業務説明が終わり、過去の経歴や自分の長所、考え方とかを話していたのだが、

最終的には、宮本と超意気投合


「あー、その経験ボクもありますわー!」


「その気持ち、ホントわかるよ!」


もうすぐTOEIC受けますねんという話をしたら、「TOEICの攻略法はねぇ〜」と、攻略法まで教えてくれるまでに。



面接が終わったのは、面接開始から2時間が過ぎていた。


面接の三日後ひーこら言いながら、英文の業務経歴書を提出。

田吾作の添削で、提出できたのは、面接から一週間後。


さらに4日後、田吾作から、結果報告が。


結果:不合格


理由:Web系の技術が不足していると感じたため



あの、盛り上がりはなんだったのか。

そして、面接後にがんばって提出した業務経歴書は意味があったのか。

いや、きっとこの経験は何かに活かせるはずだ!



後日、TOEICを受験し、その結果がきた。


480点


しょぼ!

そして、俺は、英語の環境に身を置くことを諦めたのだった。

この記事は、 3 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.09.14 新興求人サイトは使えるのか



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ




バカ社長が狙う社内SEという職種は求人は少ないが、希望者は多く、競争率が高い。

そのため、エージェント経由だけではなく、リクナビNextなどの求人サイトも使用して転職活動をしようと考えていた。

リクルートエージェントのサイトに登録しようと思うと、同時にリクナビNextのサイトの登録も同時にされる(ちなみにリクナビNext用のプロフィールなどの登録が必要のためかなり面倒)ので、求人はちょこちょこ覗いていたのだが、いまいちいいのが無い。

企業側の費用負担が少ないのもあり、エージェント経由の求人より企業規模とかはやはり落ちてしまう。


そして、転職活動を始めてから、はや一ヶ月が経とうとしていた。

そんな状況なので、ちょっとした流行のIT業界の求人に特化した求人サイトがいくつかあるので、それを試してみることにした。

Green


家に届いたばかりの新型Mac Book Air でニマニマしながらサイトに登録。

しかしながら、やはり求人サイトの登録はどこも項目が多く、しかもフォーマットが異なるため、単純なコピーだけとはいかず、かなりの時間をとられる。

ようやっと、登録も終わり求人を検索するも、バカ社長が臨む社内SEの求人は少ないし、更新もほとんどない。


ぬぬぬ、ミスったか。


と、思ったが希望に近い企業が一つだけあったので、応募することに。

美容系の薬品を販売する会社で、規模は小さいが、色々な経験はできそう。でも、絶対PCはMacじゃ無いだろうなぁ。

すると数日後サイト上にメッセージが届き、書類審査合格と一次面接のご案内。


東京は大手町へ。


その会社は、基礎化粧品と、スポーツジムなどで使用する健康器具の代理店を行っており、会社の中にもその健康器具がデーンと何台があり、バカ社長が面接に伺ったときも、社員と思われる方がその器具を使ってトレーニングをしていた。

求人では、システム部門の担当者が退職のため、代わりの人員を求めているとのことだった。

受付で担当者を呼ぶと、おじいちゃんが出て来た。

はっ、もしやこの人が退職するというシステム担当者か?

しかし、全然ITの匂いがしない。社内SEだからか?

その後、マーケティングの方と総務の方が来られて3対1での面談。


「いやー、あのサイトに求人だしてから、応募がすごくてね。今週だけでもあなたで3人目なんですよ」

へー、そんなに条件良いわけではないのに、すごいなー。なんて思いながら開始。


冒頭で募集の経緯を説明して貰ったのだが、


「たった一人のシステム担当者が、病気で退職してしまして、全くシステムのことがわからない状態でして」


うぉぉぉ、黒い匂いが漂っとるでー



「その退職した人と個別に連絡を取ってもらって、今の社内のシステムを引継いでもらうことになります」


うわぁ、病気で退職した人から、引き継ぎって・・・。


「部下などはおらず、一人で業務を行って頂くことになりますが、よろしいですか?」


まぁ、それはいいですけど。


「仕事内容としては、現在開発中の代理店用システム開発、既存システムの運用の整備、サーバーのメンテナンス、社内のLANの整備、メールや社内のアカウントの管理、社員用PCの管理、社内でリースしてる複合機の管理、それから、社員でPC詳しくない方も多いので、その問い合わせ対応ですかね」


そりゃ前任者病むわ


でも、システム担当者一人ってことは、裏返せばやりたい放題かもしれん。

と、プラス思考に考えて、なんとか最後まで面接をやり通す。


最後に、性格診断をやるとのことで、マーケティングの方と総務の方は退出。

残ったのはおじいちゃん一人。

そもそも、このおじいちゃんが、退職予定のシステム担当者と思ってたのに、いったい何者?


なんて、考えながらも性格診断を提出。


帰り際に、社員と思われる若い男女4人が、健康器具で体操をしていて、その女性のお尻をガン見しながら、「意外といいとこかもしれん」


と、思ったが、一週間後、サイト上のメッセージで不合格が告げられた。


理由:求めている人物像と異なったため


いや、あんた求めてる人物像、理想高過ぎやおまへんか?


散々、過労で社員潰しといて、反省の色無しやからなー。


なので、返す刀で、ITにもっとお金をかけるべきだ。という内容のメッセージを、色々な機関の調査結果などを添付して、送りつけてやったが、その返事は無い。


その後も、ずーっとその会社の求人はサイトに載ったままだったのだが、最近募集が終了した。

いったいどんな人が、入社したのか。そして、なぜかその人の健康を祈ってしまうバカ社長でした。



結論:新興求人サイトの求人は、黒かった


この記事は、 3 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.09.11 アパレル業界は時間にルーズなのか



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ




2013年6月某日


「ほ、欲しいっ!」

PCに向かって思わず叫んだバカ社長。

画面には、Appleから新しい Mac bookが発表されたというニュース。




都市伝説として、技術思考の強い企業の採用基準として以下のような質問がある。

「あなたはどのメーカーのPCを使ってますか」

ここで、Windows搭載のPCと答えた人はそこでお断り。

Macと答えた人は次の選考に進める。


都市伝説とは言え、WindowsよりもMacを使っている人の方が技術指向の高い人が多いと言われている。

そんなわけで、前々からバカ社長はMacに非常に興味を持っていた。

そんな状況で、先日受けた技術力の高い企業では、使用PCを自由に選択でき、Macだろうと会社から支給されると聞いて、大興奮。

しかし、全くMacがわからないのに、会社でMacが支給されてもよう使わん。

既に先ほどの企業からは不採用が通知されていたが、今後のためにも、先行投資をしなければ。

しかも、このタイミングで新機種発表とか、これは、Macを買えという天からの啓示。

我が家にはすでにPCが3台あるが、そんなこと気にせんわー!!



同日。


定時に仕事を切り上げたバカ社長は、某アパレルメーカーにいた。

そこは、売り上げが年150%ほどアップしており、成長著しい企業。そこのシステム部門の求人に応募したのだった。

アパレル自体には興味はないが、小売業のシステムには興味がある。

さらに、企業合併のためシステムを再構築するとかで、でかい案件を経験できそうだった。


時間少し前に到着し、部屋に通されること15分。



面接官来ねぇ。


確かに、定時は過ぎている時間なのだが、部屋の外では人が慌ただしく働いている。


いや、でも、採用面接で、何の連絡もなく時間遅れるか普通。

ちょっとイライラ。

こうなったら、開口一番イヤミでも言ってやろうか。と、色々考える。



そこに、面接官登場。バカ社長と同じ年齢くらいの茶髪のチャラチャラした男が「システム部門の部長のチャラ田(仮名)です」

登場するや否や「じゃ、とりあえず、志望動機を」


時間が遅れたことに対して、カチンときたバカ社長。


「だいぶ、お忙しそうですね。そんなお忙しい中面接のために時間を取って頂いてありがとうございます。でもね、採用面接で人待たせといて、詫びの言葉も無いって、社会人としてどうなんですかねぇ?


とイヤミ爆発。



なわけはなく、


「ハイ!御社のような成長著しい企業で新しい経験をさせて頂きたく思ってまして!」


あぁ、俺ってチキンだよなぁ。

面接も全く噛み合ず。仕事が忙しいのか、20分ほどで面接終了。

目も合わせず、経歴書ずっとペラペラ見てるし(事前に見とけや)、色々な仕事を経験できてスキルは身に付きそうだけど、この人とは絶対合わんわ。


向こうもそう思ったのか、一次で不採用。


理由:求めていた人物像と異なったため

それ、俺も同意。



「うおー、どの機種にしようかなー」

嫌な気持ちを忘れるために、MacのWebサイト見て、機種選定に精を出すバカ社長でした。

この記事は、 5 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.09.08 1社目からド本命



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ




転職活動と結婚は似ている。


その人(会社)が恋人募集中(求人募集)かどうかなんて、タイミングの問題。

何百万人(何千社)から、その人(会社)と巡り会ったなんて、運命に等しい。


結婚した人の中には、

「初めてこの人と会った時に、ビビビと来たんです」

なんて、ことを言う人もいますが、転職活動でもそういうビビビとくることもあるもので。



リクルートエージェントに面談に行った際に、「ちょうど今日求人が入った企業があるんです。応募してみますか?」


と言われた求人があった。

それは、大手のSIer(システム開発会社)で、ここ10何年で1部上場している最近成長著しい企業だった。

その会社の社内SE(社内用に使うシステムを作るSE)の求人があるとのことだった。

技術者を多数抱えるSIerが、社内SEの求人を出すのは結構珍しく、スキルを上げたい俺にはもってこいの求人だった。

求人は賞味期限三日の生物です。という名言を吐いたエージェント田吾作の言葉もあって、俺はすぐに応募することに。



応募した二日後、書類審査突破と一次面接の案内がやってくる。


リクルートエージェントで初めての面談をしてからここまで、6日。業務経歴書を提出してから4日。

はっきり言ってめちゃくちゃ展開早い。自己分析とか全然できてない。


例えるなら、

人生で初めて恋人ができて1週間。

念のためにと、コンドーム買ったけど、付け方の練習をする前に、エッチをするタイミングがきてしまった!

うわー、コンドームうまく付けられなかったらどうしよ。めっちゃ格好悪いやん。相手に童貞ってばれるやん!でも、エッチはしてー!うおーーー!

という感じ。


ただ、自分の中で、技術は好きだけど、年齢的なことを考えてマネージャー(管理職)として成長していきたい(いかなければならない)という思いがあったので、マネージメント力を押していこうと考えていた。


一次面接当日

仕事を終わって、そのまま先方の会社へ。19時から面接開始。

求人部署の課長と課長代理が面接官として登場。

「うちは、担当者が入社して一番始めにすることは、自分が使いたいPCを自分で選ぶことから始めるんです。最近は、またMacが多いかなぁ」


うおー、ちょーベンチャーっぽい!予算内であればMacだろうとLinuxだろうと好きなの買っていいんだって。ディスプレイも使い放題。アメリカかよ。

「でも、セキュリティソフトとかどうするんですか?」気になって質問。


「みんな技術者だからね。自己責任で

かっけーーーー。

でも、一部上場企業として、監査的にどうなの。と、思うけど、それでも監査通るから色々やってんだろな。

そんなこんなでハートをわしづかみにされる。

面接では、技術的な話に花が咲き、先方に「マネージメントに興味がありますか」という質問をされる。

そこでは、準備していた通り、マネージャーとしてやっていきたいということを伝えて、1時間半ほど話を聞かせてももらって、面談終了。


翌日、早速一次面接通過のお知らせ。

ここらへんの意思決定の早さも勢いある会社らしい。


翌週、二次(最終)面接当日

担当役員の方とお話。

さすがに技術力のある会社なので、役員の方でも、最近のシステムの技術に明るく、今の会社では通じないであろう技術的な会話も全然通じて、かなり興奮。

話は弾み、ここでも1時間ほど面談する。


二日後、結果到着。


不採用。


理由:技術思考が強く、人をまとめて案件を進めるという弊社の要望にマッチしないと感じたため



下手こいたーーーー!!


管理職として、進んで行くと決めたのに、あまりに技術の話が通じて楽しいので、そっち系の話ばっかりしてしまった・・・。

完全に、アピールの仕方ミスった。



童貞のくせして、手慣れた感じを演出してたのに、初めてのエッチで、コンドーム付けるのに苦戦して彼女に冷められて、口だけ男としてフラれるパターンや。


と、いうわけで、何があっても今後はマネージメント力をアピールしていこうと心に決めるも、今後こんなに技術力のある魅力的な会社には出会うことは無かったのである。


この記事は、 1 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2013.09.01 求人は生物です



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ



5月中旬

会社から家に帰り、ご飯を食べるやすぐにPCを取り出し転職支援サイトに登録を始めた。

4月からの新しい上司との些細な言い争いが、俺を一気に転職に突き動かしたのである。


「うぉぉぉぉ、こんな会社辞めてやるんだからぁぁぁぁ」


転職活動の最初の一歩は転職支援のサイトに登録をすることから始まる。

最初に転職の理由とかのアンケートを簡単に登録する。

なんとか悩んだ末にそれを書き終えると、

次は、履歴書と職務経歴書を書かないといけないのだが、これに時間がかかる!すげーかかる!


履歴書では、あれ、俺が高校卒業したのいつやっけ?

から始まり、この資格取ったのいつやったっけ?と、昔の資格の合格証引っ張りだしたり。

その際に、本棚の奥から昔集めてた漫画発見したり。

Masterキートン全18巻のうち、5巻くらい読んだ時点で我にかえったり。


そして、次に職務経歴書。

かろうじて前回の転職時のデータがあったので以前のものはそれが使えたが、問題は今の会社での経歴を一つ一つ思い出すのがものすごい苦労。

あー、あんな案件もあった、こんな案件もあった。あの時はこんなことがあったなぁ。。。うふふ

なんて感じで、思い出に耽ってしまう始末。


自分の強みなんかを、ツラツラ書かないといけないのだが、それをうまくまとめるのがまたしんどい。


「うぅ、激しく面倒くさい・・・。転職するのやっぱり辞めようかな」


って、3回は考えたけど、前々から考えてたし、この勢いでやりきらないと転職できへんと思ってなんとか踏みとどまる。

おそらく転職を始める人の8割はここで力尽きるんじゃないだろうか。


逆にこんなもんで転職止めるようなやつは、転職する資格など無いわぁっ!


って、試されてる感じもした。



というわけで、怒りに身を任せたバカ社長はなんとか土俵際に残って最後までやりきる。と、思いきや挫折。

時間は深夜2時を過ぎていた。



次の日に早速エージェントから連絡があり、土曜日に面談決定。

ここらへんの早さはさすがで、本人もこの連絡でもって「あぁ、俺は本当に転職活動するんだぁ」と自覚。

焦って会社で、過去の人事評価シートを印刷して持って帰り、なんとか経歴は一通り埋めるも、強みとかまでは埋められないまま面談へ。


当日、東京駅の真ん前のガラス張りのお洒落なビルへ。

エロい笑顔の受付の人に個室に案内されると、しばらくしてドアがノック。

入って来た担当のエージェントは、田舎の農協とかに勤めてそうな人の良さそうで、ちょっとたよりなさそうな感じの人だった。

第一印象で俺の中で『田吾作』と命名。その田吾作と転職動機や求人の方向性を話し合うこと1時間程度。

最近の転職市場のことも聞いたが、アベノミクスで求人は増加傾向であるとのことだった。

作りかけの業務経歴書にどう書くかなんて、アドバイスを貰い、求人を検索させて貰って、いくつかピックアップして印刷して別れた。


エレベータをおりてビルを出ようとすると早速田吾作からメール。

すぐに経歴書を完成させろ。常に10社は求人に応募しておけ。SPIも問題集やっとけ。など、転職するに際しての進め方が書いていた。


そういや、6年前にも同じようなこと言われたなぁ。と、思いながら見ていたが、最後にこんな言葉が。


『人気のある求人は、求人が出てから3日程度でかなりの数の応募がなされます。企業側も早く採用を決めたいので、その中から決めようとします。

つまり、求人は生物です。賞味期限は3日 です」

との言葉が。


おぉ、なんという名言と、少し衝撃を受けたが、文面は思いっきりコピペやった。

というわけで、その土日でなんとか経歴書を作成して提出。

何社かに、応募をした。



まー、書類審査なんて落ちて当然やし、今度の土日で自己分析とかぼちぼちやるかねー。

転職していいとこなかったら今の会社に残るって選択肢もありやしな。



そんな軽い気持ちで転職活動を始めた俺は、この後最大の後悔をすることとなる。

つづく

この記事は、 3 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter