total:
  today:
  yesterday:

このエントリーを含むはてなブックマーク 2013.09.20    鉄道会社に転職するには



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ




リクルートエージェントの求人案内は、二つのやり方がある。

一つは、システムに自分の希望条件を登録してもらい、ほぼ毎朝7時ごろに自動で求人メールが送られてくるもの。

その求人をチェックして、面白そうだったら応募、面白くなさそうだったらスルー。


もう一つは、エージェントが自ら求人を、送ってくるもの。

希望条件にははまらないがエージェントの判断によるもの、大量採用や複数社合同の面接などは、個別にエージェントからメールが送られて来る。


6月14日

某鉄道会社の集団採用の求人が届いた。

毎年、リクルートエージェント主催でその鉄道会社の採用をやっているようだった。

鉄道会社なんて、なかなかお目にかかれないので、ここは申し込むことに。

数日後、鉄道会社からメールが送信されてきた。


まず、一次面接として、Web上でのSPI。そして、小論文の提出、その結果次第で、説明会と一次面接に進めるということだった。

ここにきて初めてSPIに遭遇。

期間は、6末までの2週間。SPIの問題集は買っていたが、まだ半分程度しかやってなかったので、その2週間でSPIの問題集を全て終わらしてから、臨む計画を立てる。

それと並行して、小論文にも取りかかる。

その小論文のお台も、その会社の理念に対して自分がどう感じたかを、フォーマットを問わずA4一枚程度にまとめて提出とのことだった。

久しぶりに小論文の書き方を復習して、つらつらと書き始める。フリーフォーマットとか、超面倒くさいと思いながら、結局普通の小論文形式として、下書きを進めた。

エージェントから急かされつつも、期限ギリギリに、問題集も解き終わって、SPIに挑戦。

これが通常のSPIとは問題ややり方が異なっており、非言語系の問題については、時間が足りず半分くらいは適当にチェックして提出。

そこから、急いで小論文も書き上げて提出。

ふー、やれやれ。と思いながら待つ。予定では、7月3日までには、合否判定が出るとのことだったが、4日になってもこない。

そこでエージェントからのメール。


『応募者多数のため書類選考に少しお時間がかかっているようです。

 遅くても7月8日には結果のご連絡できる予定です』

とのこと。


なんか、手際悪いなぁ。と、思いつつ期限ギリギリに課題を提出した手前文句も言えず。


そして、8日。返事来ず


翌日の仕事中にエージェントからメール。

『説明会へ参加できる人数が限られているため、選考結果を保留とさせていただきたいとの連絡がありました。

 現在、セミナー・一次面接の参加が確定していらっしゃる方で、全ての枠が埋まってしまっているため、
 《キャンセル・辞退》希望者が出た場合のみ、ご案内となるとのことです。

 遅くても、12日(金)までお待ちいただけますでしょうか。』


なんじゃそりゃ。と思いつつ、家帰ってから返事しようと思ったら、またメール。

 『先ほどのメールでお伝えしましたが、至急下記にてご対応可否を確認させていただきたいとのご依頼がまいりました。

  詳細をご確認いただき、ご都合をお聞かせください。

  ・セミナー日程:7/13(土)13:00
  (上記以外の日程はございません)』


情報錯綜


勘弁してよと思いながら、そんなに強く入りたいわけでもなかったので、承諾メールを送り、13日の説明会へ参加することに。


13日。東京。

リクルートエージェントの入っているビルにて、説明会が開催されるので、またもやガラス張りのビルへ。

土曜日にも関わらず、そこでは、5社くらいの説明会や面接が行われているようだった。

案内板を頼りに部屋に着くと、部屋の6割くらいの人が着席していた。

説明会に参加できる人数が限られてると言ってたわりには、結構席空いてる。

そんなに、みんなキャンセルしたのか? なんてことを思いつつ空いてる席に着席。


前にあるどでかいスクリーンには、その鉄道会社のCMがエンドレスで流れ続けている。

それは、仕事で失敗した有名女優Hが、上司に連れられて築地の寿司屋に行って寿司をおごられるというもの。

最初は、H可愛いなぁ。と思ってたけど、何回もエンドレスで長すもんだから、さすがに飽きる。

CMで流れる曲が頭の中をぐるぐる回りだして気が狂いそうになった頃、ようやく時間となり説明会が始まった。


新手の洗脳かよ。


説明会の内容は、最初に会社紹介、求人の紹介、その後、今回応募した職種の実際の担当者からどんな仕事をするかという説明と質疑応答。最後に性格診断とアンケートをするというものだった。

職種は、バカ社長が希望する社内SE以外に、人事部など、裏方系の管理部署の求人のようだった。

大量のパワポの内容をサクサク説明し、会社説明は終了。

次に各担当者からの業務説明。


初っぱなに人事担当者の可愛い子が説明を行う。


「実は、私も一年前は皆さんと同じ席に座ってました」

その可愛い子ちゃんも、中途入社らしく、少したどたどしく、かつ丁寧に説明を始めた。そして、業務内容の話に。

一日の業務を説明してくれようとしているのだが、


「朝8時20分ごろに来て、自分の机を拭きます。あ、でも、みんなの机を拭かなきゃいけないとか、そういうのは無いから、大丈夫ですよ♡」


妙に、描写が細かい。


「それから、12:20まで仕事をして〜、その日は、仲のいい同僚とおいしいパスタを食べに行きました♡」


という具合。いや、確かに仕事を楽しんでる感は出てるけど、業務の内容には全然触れてませんやん。


「で、自分の担当している資料を作って、関係してる人にメールを送りました」


いやいや、そこらへんをもっと、深掘りしようよ!


「それで、その日はちょっと残業して、19:00には帰りました。その日は、まっすぐ帰りましたけど、職場の人と食事に行ったり、買い物する場所も多いので買い物もよくします♡」


こんな感じで、15分以上喋ってた。

可愛いけど、これ、付き合ったらちょっと疲れるタイプや。


そして、他の方の業務説明と、質疑応答も終わり、性格診断の前に15分の休憩。


休憩なので、トイレに席を立つ人がいる中、バカ社長は席に座ってボーっとしてたのだが、その時ちょうどさっきの人事の子が、突然パーっと、何かひらめいた表情をすると、前のPCが置いてある机に向かって小走りでかけていく。


そして、PCの操作をすると、突然前のスクリーンに、再びCMがエンドレスで流れ始めた。


いやいやいやいや、それさっき死ぬほど見せられましたやん。なんで、また流しますのん。


おそらく、この休憩時間にリラックスしてもらおうと思ったのか。スクリーンには、仕事で失敗して、築地で寿司をおごられ続ける女優H。


そして、その光景に満足そうにニマニマする可愛い子ちゃん。


オイ、去年この子採用した奴、表へ出ろ。


いや、ええ子やねんけどねー。


そんなこんなで、説明会も終了。


リクルートエージェント向けのアンケートに、『この企業の優先順位を教えてください』という質問があったのだが

低めです。 と書いて帰る。


そして、一週間後の20日。一次面接。

ここでも、新たな敵が現れるのであった。


つづく

この記事は、 13 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter