total:
  today:
  yesterday:

このエントリーを含むはてなブックマーク 2013.09.28    退職を告げる時



35歳社内SEが転職してみた
目次

1. 第1回 求人は生物です
1. 第2回 1社目からド本命
1. 第3回 アパレル業界は時間にルーズなのか
1. 第4回 新興求人サイトは使えるのか
1. 第5回 SEに英語は必要なのか
1. 第6回 鉄道会社に転職するには
1. 第7回 鉄道会社に転職するには2
1. 第8回 昇格か退職か
1. 第9回 退職を告げる時
1. 第10回 35歳社内SEが転職するためのススメ




新しい会社に転職するためには、その前にやらなければならないことがある。

それは、退職

バカ社長は一社目を辞める時は、客先に常駐していたということもあり、本社の上司にメールで知らせたが今回は勝手が違う。

こりゃ、仁義を通す意味でも直接言うしか無い。あぁ、面倒だ。

面接時に、内定から1ヶ月は時間をくれと言っていたこともあり、内定先からは、10月1日からの入社を打診されていた。

1ヶ月あれば余裕かと思っていたが、翌日会社の就業規則を見ると『退職届は、2ヶ月前に提出すること。止むを得ない場合は14日前までに提出すること』という規約があるのを発見。


あ、やべー、全然2ヶ月切ってるわ。


その日が金曜日だったので、月曜日にでも言うかと思っていたが、それを見たために急遽上司に打ち合わせの時間を取ってもらい、会議室にて退職の意を告げる。

上司は、「もしかして、オレのせい?」とか聞いて来たので、


「今頃気付いたのか!全部、お前のせいに決まってるだろ!」 と半沢直樹なことは、言わず(まぁ、少しはそうなのだが)、以前から転職を考えていたこと。他業種でスキルを伸ばしたいこと。35歳になるこの歳がタイミングとしては、ラストチャンスになること。などを告げてすんなり了承を得る。


でも、了承をした後に「あれ?もしかして、引き止めた方が良かった?」とか本人に聞くのやめて。


次は、その上の部長に告げないといけないのだが、夏期休暇で、その週は不在。


翌月曜日も、夏期休暇(予定では出社だったのだが)で不在。


火曜日は、夏休み明けで予定が埋まっていてなんとか捕まえれそうになったが「頭痛がするから帰る」とのことで空振り。

翌日の水曜日の午前中になんとか捕まえ、直属の上司と共に説明。

理由を色々聞かれるが、特に強い引き止めもなくクリア。

そこから、人事への提出資料などを提出したりと、退職へ一直線。


上司に退職を伝えてから、並行して、個人的にお世話になった方や仲のいい方には直接伝えたかったので、昼休みにご飯や定時後に飲みに誘って、退職すること告げていった。


4月に組織変更があったため、引き継ぎなどは、大して残ってなかったので、ここらへんもパス。

有休消化も1週間取れれば良い方かと思っていたが、上司の計らいで半月取れる事に。


9月13日(金)

あっちゅー間に最終出社日。そもそも退職を伝えてからたったの3週間。

最後の日は、午前中にお世話になった取引先の方に退職を知らせるメールを送信。

意外と返事が返って来てそれの対応に追われる。

午後に、社内の人に退職を告げる一斉メールをして、お菓子を持って挨拶回り。計80人には挨拶したか。

そして、16時頃、部署の方たちの前で退職のご挨拶。

最初は、余裕かなー。と、思っていたが、いざ挨拶をするとなると、色々こみ上げてくる。


あ、やばい。これ、泣けるやつや。


ぐっとこらえて笑顔でなんとか乗り切る。

挨拶の後花束を貰い、残った時間で、他本部の人などまだ挨拶できてない人にも挨拶に回る。

午後に送った退職告知メールで、退職を知った人も何人かいて、いろいろと話は弾み、気付いたら定時。

その日は、飲みに行く約束をしてたので、人事部に返却物を返したりバタバタして最終出社日終了。


急な退職というのもあり、最終出社日の後に送別会が企画されたり、しかも、計5回くらい企画されてて、会社の人には感謝しまくり。(ちなみに昨日(27日)も送別会だった)

おかげで体重が2キロほど増量しましたとさ。


別れは寂しいものですが、いろいろと大切なことに気付かせてくれて、これも悪いもんじゃないなと思ったのでした。


次回、転職記2最終回!

この記事は、 7 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長の縮れ毛 (東京) 投稿日:2013/10/24 00:11:15
コメント書けたー!その後、減量できたのでしょうか?笑

2 名前:バカ社長の肉奴隷 (東京) 投稿日:2013/10/24 00:12:53
答え:新しい職場でストレスで太った!

返事が欲しけりゃtwitter