total:
  today:
  yesterday:
2014年11月一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク      2014.11.30 意味がわからん

意味わからん。

 酢豚に入ってるパイナップル


南国の果物に生まれてきたのに炒められた上にタレまみれになるなんて、大事に育てられてきたお嬢様がヤンキーに恋して、速攻でデキ婚するくらい悲しい。



意味わからん。

 ポテサラに入ってるりんご


メインディッシュどころか、前菜て。小学校の時背が高くて一番後ろやったのに、高校生になって周りに抜かれて前に習えで、腰に手を当てるくらい悲しい。



意味わからん。

 唐揚げの横に添えられるレモン

お前がいるせいで、気が利くアピールの女子が「レモンかけてもいい?」って聞きよるねん。かけよるねん。さっぱりなんかいらんねん。



意味わからん。

 紫色に髪の毛染めるおばあちゃん

紫ウコンの色と同じやねん。ウコンの力思い出すねん。



今までのは、まだいいけど、ほんまに意味わからんのは、


年齢非公開

デーブ・スぺクター(年齢非公開)


なんで?
この記事は、 2 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長の血の繋がって無い妹 (東京) 投稿日:2015/04/23 00:12:21
なんで?笑

返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2014.11.24 新宿のお坊さん

托鉢

新宿駅には、托鉢してるお坊さんがいる。

ほぼ毎日立っていて、寒い中でも、ずっと立ってる。

たまに、思い立ったように、「チリーン」と鈴を鳴らす。

たまに、よっこいしょっと、微妙に位置を変える。



しっかし、あれでどれくらい稼げるんやろーか。バイトしたほうが全然稼げるやろ。こんな寒い中「チリーン」とか割に合わなすぎやわ。


しかし、あまりにも毎日毎日いるから、親近感も湧いてきて、お布施してみようかなー?

って、心が傾きかけてた。


そんなことを思いながらも、結局お金をあげることができずにいたある日。



その日はいつもより少し遅めに帰ったので、いつもの場所にお坊さんの姿はなく。

もう、帰ったのか。と思って駅の改札の方に向かうと、


両手に特大のデパートの袋抱えてこっちに歩いてくる坊主がそこに。

その笑顔ままさに、
エビス顏
えびす顏


も、もしかして、思ってるより稼げるんちゃうのん!?

あの袋の量やと和菓子としても、1万円は超えてるで!


今までどことなく上から目線やったのに、もしかして俺より稼いでるんじゃねーのという事実を目の当たりにして、絶対お布施なんてしてあげないんだからっ!と思ったバカ社長でした。


この記事は、 7 オモロ


オモロボタンとは
返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2014.11.18 目指せカテゴリーマスター

バカ社長は、このブログ以外に、趣味と勉強と小銭を稼ぐためにWebサイトをいくつか運営している。

その中で、学生時代に打ち込んだ部活のサイトがある。

で、せっかく作ったし小銭を稼ぐためにも人にたくさん来てもらいたい。

そのためには、巷でSEOと呼ばれる対策をしなきゃなんない。

簡単に言うと、GoogleやYahooで検索した時に上位に出るようにサイトを整える作業なのだが、専門の業者がいるくらいで、かなり手間と労力が必要。

手っ取り早いのは、有名なサイトに自分のサイトのURLを載せて、人に来てもらうことなのだが、俺の空き時間でもできるSEO対策がないか考えた。


で、考えたのが、Yahoo知恵袋で、自分のサイトに関連する質問に答え、しかも、その際に自分のサイトのURLを貼るというのを考えた。

それなら、空き時間にでも、片手間に続けることは可能だ。


が、しかし、世の中同じようなことを考える人はいるもので、既にそういうURL付きのスパム投稿を行う業者は多数おり、Yahoo側もその対策を進めている。

しかも、その質問を見る人にもスパムであることを気づかれれば、悪い印書を持たれて逆効果になってしまう。


そこで、俺は考えた。


やるからには、ガチでやる!

つまり、自分が答えられそうな質問には片っ端から答える。

本気で。

そして、自分のWebサイトに関連する質問の時のみ、リンクを貼る。

これなら、利用規約にも引っかからないし、本当に俺のサイトの情報を必要としてくれる人はサイトを訪れてくれるし、みんなwinwinだ。


というわけで、俺はチエリアン(こう呼ぶらしい)と化した。

来る日も来る日も、質問に答え続けた。

ほとんどの質問は俺のWebサイトと関係ない話題だったが、答えられる質問には真摯に回答していった。




4ヶ月が過ぎた。



数人はサイトに訪問してくれたが、ほとんど効果なく。


その代わり、

カテゴリーマスター
日本に三人 しかいない、カテゴリーマスターになってた。


方向性を間違っているのに薄々気付きながらも、今日もBA(ベストアンサー)をもらうために、せっせと質問に答えるバカ社長の姿がそこにあった・・・。


「ベストアンサーゲットだぜ!」

この記事は、 6 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長の栄養士 (静岡) 投稿日:2014/11/19 10:41:10
matakitesimatta omoro!

返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2014.11.11 強がりvsゴリラマッサージ師

ストレスと身体に疲労があったので、仕事帰りマッサージに行った。

足ツボってやつ。


その店は、初めて行くマッサージ店。


2500円で30分。


でもって、バカ社長は足つぼ耐性強い。

以前地元で、明らかに力いっぱいツボをぐりぐり押すマッサージ師と対峙したことがあるんだが、ガマンして最後まで「痛い」と言わなかった。

そのマッサージ師からは、「ガマン強いですねぇ。本気でやったのに、すごいです」と言わしめたことがある。


今回のマッサージ師は、パッと見小太りだが、腕から肩周りにかけて筋肉がモリモリっとしてる。

しかも、そんな見た目にもかかわらず、敬語がクソ丁寧。

なかなかの指圧パワーを感じさせる男性だった。


しかし、俺の足裏はそんじょそこらのゆとり足裏と一緒にしてもらっては困るぜ。


早速、足つぼマッサージが始まる。

軽くふくらはぎまわりをマッサージした後に、


「力加減いかがですか?」と聞かれる。


俺は、そこで、明らかに上から


「そーっすね。もうちょい強くてもいいっすよ」


挑発したった。


そのセリフに「あ、そうですかっ」一瞬戸惑う敬語ゴリラマッサージ師。


そして、「わかりました〜」



と言って再びマッサージを始めた。


が、次の瞬間。


いってぇぇぇぇぇっぇええ


激痛


力加減が増したのはわかるが、リンパをゴリゴリゴリゴリ。


めちゃくちゃいてえ。


明らかにゴリラが戦闘モードに入った。


しかし、ここで負けては男がすたる。すたるんやでぇぇぇぇ。



苦行開始。



ゴリラがゴリゴリするたびに、ひたすら苦痛に耐える。

しかも、時間はたっぷり25分は残ってる。


オレ、なんでお金払って、こんな苦行してるんやろ。と、自問自答するもすでに遅し。



ふがあああああああ。



ふぬううううううう。



ツボを押された効果なのか、ガマンしてるせいなのか、脇汗べっちょりになりながら、なんとか残りの25分を戦い抜く。


終わったら放心状態。足裏は柔らくなったが、マッサージ前より、ストレスが増した気が。


ゴリラには全く罪はないんだけど、二度とあの店行かない。

そう思った秋の出来事。

この記事は、 4 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長の元同僚 (大阪) 投稿日:2014/11/11 01:53:52
本末顛倒。笑

返事が欲しけりゃtwitter