total:
  today:
  yesterday:
2014年12月一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク      2014.12.22 生まれて初めてのボクシング観戦

ボクシング

全日本新人王決定戦。

場所はボクシングの聖地、後楽園ホール。


簡単に説明すると、その年の新人のチャンピオンを決める大会。

1日に全階級のチャンピオンを決めるため、試合数も10試合。

1試合5ラウンドで、なんだかんだで1試合30分くらいだから、全試合見たら、計5時間を超える長期戦。


結果的には、2試合不戦勝があったので、全8試合だったのだが、友人ポンタの斡旋でそれを見てきた。

はじめの一歩を長年愛読してきたバカ社長だが、やはり生で見るボクシングはすごかった。


全日本新人王決定戦は、東の新人王と西の新人王が、全日本をかけて戦うのだが、そのため、東vs西という構図になる。

中でも西の代表が関西出身だったりすると、外野のヤジがすごい。


「しばけ!しばき倒したれ!」

「だんじり魂忘れんな!」

「東の奴なんかに負けんなボケ!」

「パンチ打てや!ビビんなや!」


などと、だんだん味方に罵声を浴びせる始末。

甲子園の阪神ファンを彷彿とさせます。


この日勝利した10人の各階級の新人王の中から、さらに1人だけ最優秀選手が選ばれるのだが、2014年は鹿児島のジムに通う戦績7戦7勝7KO 、この日も2ラウンドKOで圧勝した”九州のタイソン”こと別府優樹選手


試合内容もすごかったのだが、この試合の時に、バカ社長の後ろの席には別府選手の彼女?と思われる可愛らしい女性が座っていた。

ボクシング

試合前、その彼女が隣の観客と会話してるのが聞こえてきていた。

沖縄出身のようで、「別府選手を応援してるさー」みたいな沖縄弁。

チラ見したところ、小さくて可愛らしい癒し系の彼女だった。

別府選手の試合前には、「声かけてこようねー」と席を立ったのだが、いざ試合直前には席に戻ってきた。


いざ試合開始のリングが鳴ると

「べっぷーー!  べっぷー!」


あの可愛らしい雰囲気からは想像もできないでかい声が。

1ラウンド前半は、果敢に攻める別府選手。だが、相手も東の新人王。打ち合って互角の展開。

後ろからの応援も、ヒートアップ


「ゆうきー!」


「ゆーーーーきーーぃぃぃ!」



もはや絶叫。

そりゃ彼氏が殴り合ってたらああなるか。


と、1ラウンド終盤で別府選手の左が相手の顎目掛けて一閃。相手選手がダウン!



後ろからの声援もまたでかくなるかと思って身構えたら




シーーーーン





あれっ?


そして、1ラウンド終了。試合は2ラウンドへ。


2ラウンドも、別府選手が優勢に進めダウンを奪う!


今度こそくるか!?と思って身構えるも



シーーーーン



もしかして、応援しすぎて失神でもしたんちゃうか?心配して振り返ったら






「んっんぐっ。フェェェ」





声殺して泣いてた。


いやいや、まだ彼氏戦ってるよ!?


ダウンを奪って張り詰めた糸が切れてしまったのだろう。試合続いてるのに、号泣で応援できない状態に。



しかし、別府選手は二回目のダウンを奪ってTKOであっさり勝利。


レフェリーが、勝者の腕を持ち上げるも、後ろからの声援は未だに止んだまま。



と思いきや


「もしもし?あ、はい。勝ちました。今です。グスっ」



彼女、関係者に電話報告。


いや、そこは勝利を喜ぶんちゃうのん。

なんか仕事できるのかできないのかよくわかんない彼女。

でも癒し系で良い子そう。


そのあとも何件か電話したあとに、思い出したように写真をバシャバシャ撮ってました。

別府選手は見た目はムキムキでいかつい感じやけど、この彼女といい、リングの去り際とか見てると、きっと性格はめちゃくちゃいい人なんやろうなー。


いいもの見せていただきました。これからも是非頑張ってほしいっす。

この記事は、 9 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長の愛玩具 (東京) 投稿日:2015/04/23 00:08:31
あら、いい話!笑

返事が欲しけりゃtwitter

このエントリーを含むはてなブックマーク      2014.12.08 会って10分で失恋

平日は、健康のために帰りに二駅ほど歩いて帰るバカ社長なんだが、東京のオシャレな街を通る。

なので、街中には綺麗な女性が多くいる。


その日も、セクシーなミニスカ女性が前を歩いていた。

ミニスカから覗くストッキングを眺めながら、普段の仕事のストレスが猛烈に発散していくのを感じてたのだが、少しして横に並んだので顔をチラ見したが、二十歳くらいで結構可愛くて、今日は良き日じゃ、フォッフォッフォ。 なんて思ってた。


で、ちょっとスマホを見てたので、ミニスカ子ちゃんは、再び俺の少し先を歩いていたんだが、ふと、気付いたら横にすげーちっこいおっさんがいた。


ん?いつのまに?

あまりに小さいから、気づかなかっただけ?


とか不思議に思いながらも、依然ミニスカ子のミニスカを眺めながら、

いいなー、あのおっさん。会社の上司と部下か?んだよ、あんな子と一緒の職場とか目の保養しまくりじゃねーか。ちんちくりんのくせしやがってぇ。



で、バカ社長の帰り道には、ちょっと人通りが少ないとこがあって、二人もそっちの道に入っていった。


イメージ図


はっ。ちんちくりんとは言え男やからな。もしかして、あのおっさんミニスカ子ちゃんに何かしようとか良からぬことを考えてるかもしれん!

そうなったら、俺がミニスカ子ちゃんを助けて、ポイントアップやで!


俺の中では、小さいおっさんに襲われかけたミニスカ子ちゃんを颯爽と助け、そのお礼にご飯に行って、帰り際に「今夜は帰りたくない!お願い一緒にいて!」「や、それは困る。我輩には妻が!」「それでもいいの!今夜だけ私をバカ社長さんの彼女にして!」「ぬぬ、女性にそこまで言われては男がすたるでごんす!」

って、もう完全に未来が見えてたんだけど、そんな俺をよそに二人はいきなり

ラブホに入ってった。


えっ!?

今、ここ入ったよね?


他に入るとこないよね!?


うそーーーーーん。


小さいおっさんとバカにしてたが、完全なる敗北。


驚きのあまり自動販売機に手をつき身を支えるバカ社長。その格好は一人壁ドン。

ショックのあまり暖かいコーヒー飲もうとしてボタン押したら、気づかず冷たいコーヒー出てくるわ。

傘持ってないのに、雨降ってくるわで、踏んだり蹴ったり。


もう、このモヤモヤをどうすればいいんだーーーーー!!


って、泣きながら家に帰って、一人エッ○3回したった。

そしたら、なんか、スッとしたよね。


この記事は、 6 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長のつくりしもの (大阪) 投稿日:2014/12/09 13:16:28
一人壁ドン。笑

2 名前:バカ社長の愛玩具 (謎) 投稿日:2015/01/21 12:34:51
このブログおもしろいですww

3 名前:バカ社長の愛人 (謎) 投稿日:2015/04/23 00:10:25
ドンマイ、バカ社長!

返事が欲しけりゃtwitter