total:
  today:
  yesterday:

このエントリーを含むはてなブックマーク 2014.12.08    会って10分で失恋

平日は、健康のために帰りに二駅ほど歩いて帰るバカ社長なんだが、東京のオシャレな街を通る。

なので、街中には綺麗な女性が多くいる。


その日も、セクシーなミニスカ女性が前を歩いていた。

ミニスカから覗くストッキングを眺めながら、普段の仕事のストレスが猛烈に発散していくのを感じてたのだが、少しして横に並んだので顔をチラ見したが、二十歳くらいで結構可愛くて、今日は良き日じゃ、フォッフォッフォ。 なんて思ってた。


で、ちょっとスマホを見てたので、ミニスカ子ちゃんは、再び俺の少し先を歩いていたんだが、ふと、気付いたら横にすげーちっこいおっさんがいた。


ん?いつのまに?

あまりに小さいから、気づかなかっただけ?


とか不思議に思いながらも、依然ミニスカ子のミニスカを眺めながら、

いいなー、あのおっさん。会社の上司と部下か?んだよ、あんな子と一緒の職場とか目の保養しまくりじゃねーか。ちんちくりんのくせしやがってぇ。



で、バカ社長の帰り道には、ちょっと人通りが少ないとこがあって、二人もそっちの道に入っていった。


イメージ図


はっ。ちんちくりんとは言え男やからな。もしかして、あのおっさんミニスカ子ちゃんに何かしようとか良からぬことを考えてるかもしれん!

そうなったら、俺がミニスカ子ちゃんを助けて、ポイントアップやで!


俺の中では、小さいおっさんに襲われかけたミニスカ子ちゃんを颯爽と助け、そのお礼にご飯に行って、帰り際に「今夜は帰りたくない!お願い一緒にいて!」「や、それは困る。我輩には妻が!」「それでもいいの!今夜だけ私をバカ社長さんの彼女にして!」「ぬぬ、女性にそこまで言われては男がすたるでごんす!」

って、もう完全に未来が見えてたんだけど、そんな俺をよそに二人はいきなり

ラブホに入ってった。


えっ!?

今、ここ入ったよね?


他に入るとこないよね!?


うそーーーーーん。


小さいおっさんとバカにしてたが、完全なる敗北。


驚きのあまり自動販売機に手をつき身を支えるバカ社長。その格好は一人壁ドン。

ショックのあまり暖かいコーヒー飲もうとしてボタン押したら、気づかず冷たいコーヒー出てくるわ。

傘持ってないのに、雨降ってくるわで、踏んだり蹴ったり。


もう、このモヤモヤをどうすればいいんだーーーーー!!


って、泣きながら家に帰って、一人エッ○3回したった。

そしたら、なんか、スッとしたよね。


この記事は、 6 オモロ


オモロボタンとは

一言コメント
1 名前:バカ社長の元カレ (大阪) 投稿日:2014/12/09 13:16:28
一人壁ドン。笑

2 名前:バカ社長のことが好きだった人 (謎) 投稿日:2015/01/21 12:34:51
このブログおもしろいですww

3 名前:バカ社長の夏の日の1993 (謎) 投稿日:2015/04/23 00:10:25
ドンマイ、バカ社長!

返事が欲しけりゃtwitter